暖かく見守る

 

家族にうつ病の患者がいると、周りの家族は色々と気を使ってしまいます。

 

とはいえ、うつ病の家族が心配だからといって、

一日中、横にいて、「今日もダメそうなの?」、「散歩でもしてみたら?」

「薬飲む?」、「何か食べたいものある?」などとあれこれ言われては本人も家族も大変です。

少し離れたところから、見守るようにしましょう。

 

精神的な負担をかけないようにと、大げさに配慮しようとするあまり、

かえって患者本人からしてみれば、「やっぱり自分は迷惑な存在なんだ」ととらえてしまいかねません。

 

患者が、少しネガティブなことを口にしただけで大騒ぎされては、気楽に口もきけなくなってしまいます。

 

では、どうすればいいのか?

 

具体的には、「今どのような様子なのか、何をしているか」を、視界のはしにとらえておくような感じです。

「あなたのことを気にかけているのよ」ということを、言葉ではなく雰囲気で示す、というイメージです。

 

話題にすること自体が引き金になりそうだからと、

「自殺」を考えているのか本人に聞きたくても、躊躇してしまうかもしれませんが、

「生きているのが辛いと思う?」など、端的かつ真剣に聞いてみるのが効果的なこともあります。

 

うつ病の人が放つ「死にたい」という言葉は、「助けてほしい」というメッセージなのです。

 

もし、本人が亡くなってしまうと、家族は「自分のせいだ」と思い込み、悲しむことになります。

客観的にみても家族にはどうしようもなかった場合でも、「なんとかできたはず」と嘆きます。

 

その悲嘆は一生続くこともあるのです。

本人のためにも、家族のためにも、本人から目を離さず、温かく見守るようにしてください。

 

ですから、あまり気を使いすぎて、腫れ物に触るように接してはいけません。

うつ病の人を特別視するのではなく、普段と同じように自然に振舞うのが一番です。

 

どうすればいいかわからない時には、「何か手伝えることがないかどうか」を聞いてみてください。



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL