うつ病を患った時の目つき

うつ病は心の風邪とも呼ばれており、

多くの人が患う心の病気です。

悪化すると健全な社会生活を送ることができなくなる場合もありますので、

早期発見と早期治療が大切になります。

 

うつ病を患うと顔の表情になって現れますので、早期発見をすることができます。

表情の変化として目つきが変わりますので、自覚症状がなくても目つきを見ると、

うつ病であるかどうかが大体わかります。

目つきが虚ろになったり、目つきがギラギラしているような時には注意が必要です。

目が釣り上がったりする場合もありますので、このような状態になっていたら、

心療内科などを受診することが必要です。

 

目つきがギラギラするのは、バセドウ病のような甲状腺障害の可能性もありますので、

必ず病院に行って医師の診察を受けることが必要です。

 

配偶者や子供などの表情の異変に気づいた時も、心療内科などの受診を勧めることが大切です。

初期のうつ病は自覚症状がないため、本人はなかなか気づかないケースが多いです。

本人は自分の表情の変化にも気づかないことが多いので、

以前と比べて違和感を感じた時には、周囲の人が見守ってあげることが大切です。

 

初期のうつ病は薬で治療ができますので、早めに医師の診察を受けることが大切です。

風邪を引くと内科の病院を受診するような感覚で、心療内科は受診できます。

保険診療が可能ですので、治療費が高額になるようなこともなく、

お金の心配をせずにお医者さんに診てもらえます。



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL