異動は必要?

うつ病になってしまった人は、以前のように働くことができません。

 

そこで、業務の負担を軽くするために、

別の部署に異動させようと考える上司もいます。

 

でも、うつになった人を部署異動させたり、

役職から外すことは、人によっては逆効果になるケースもあります。

 

新たな環境は、それ自体がストレスの源になってしまうからです。

休養した後は、慣れ親しんだ環境に戻す方が無難です。

 

うつ病の人は正常な判断ができないことも多くあります。

そんな状態のときに、勝手に環境を変えることは良くありません。

しばらくは所属する職場も役職もそのままにして、

「実際の業務を軽いものにする」という方法をとると良いでしょう。

 

 

また逆に、うつ病になった原因がハッキリとしている場合もあるでしょう。

 

直属の上司と極端に相性がよくない」といった理由でうつ病になった場合は、

業務を軽いものにしたところで、その環境自体がストレスの源ですので、

一向に改善することはないでしょう。

 

しかし、だからといって配置転換すれば、すぐにうつ病が改善されるかというと、そうでもありません。

病院でハッキリと「うつ病」と診断された場合、うつ的な状態が一定時間続いているということですので、

ストレス源を取り除くだけでは、即回復というわけにはいきません。

 

判断に迷うようであれば、患者自身に直接どうしたいか聞いてみてもいいでしょう。

その際は、答え急かすのであなく、ある程度の期間を設けてあげるようにしてください。

うつ病の人はただでさえ、思考力が低下していますので、誤った判断をさせないためです。



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL