職場での部下に対する対応

私が以前勤務していた会社では、

一時期、うつ病の人が多く出てしまい、

うつ病の人への接し方が

総務担当部署での課題となりました。

 

そのとき、部下がうつ病になった社員と、

総務課長や総務部長などを交えて、

いろいろと情報交換の場を設けていました。

 

と言うのも、その会社の場合、業務多忙で

うつ病になっているとは必ずしも言えず、

個々に原因が様々で、ひとくくりにできない状況にあったため、

うつ病になっている社員の直属の上司に、

日頃の勤務状況だったり、部下のうつの状態などを聞いたうえで、

総務担当部門にて今後どのような対応が可能か

考える必要があったためです。

 

ある人は家庭での夫婦関係が実はうつの原因であったり、

別の人は仕事の課題で抱えたストレスが原因であったり、

本当にいろいろでした。

 

それに対し、総務部門と上司とでできうる対応を考え、

時には主治医のところに出向き、

気を付けたほうがいいことなどのアドバイスを得てきたりもして、

きめ細やかな対応に努めていました。

 

そして、一定の方向性を見つけたうえで、

周りの社員などにも可能な範囲で

うつ病となった社員についての情報提供をして

、皆が働きやすく、また本人ができるだけ無理なく

回復につながるように心がけていました。

 

うつ病というのは治療したからと言ってすぐに治る病気でありませんが、

仮に部下がうつになっても、上司や周囲の心がけで

随分と回復が早まることがありますので、皆の協力が不可欠だと思います。



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL