うつ病になった部下に心がけたこと

うつ病の人にどう接すればいいか。

これは、経験者でなければなかなか分からないことだと思います。

 

私の場合、4年前に、職場の部下の男性が、うつ病になってしまいました。

大学を出て、5年目の彼はだれよりもバリバリ働き、業績をあげる頼もしい人でした。

社内でも何回も表彰され、社内行事で活動報告をし、あまりに仕事ができるため、

任せる仕事も増えていき、さらには、別の関連部署との役職の兼務も社長命令で行うことになりました。

 

結婚もして、さあ、いよいよこれから、新たな人生の局面に、という段階に至ったとき、

突然、彼を運命の波が襲いました。

朝、起きられなくなり、午後から出勤する日が増えていきました。

そのうち、全日欠勤するように。

 

私は、彼が頑張りすぎて疲れたのだと思い、上司と何度も彼の家を訪問し、

「みんなが君のことを待っている」「元気を出して、再び社内の星と輝いてね」と励まし続けました。

他の同僚たちも彼を励ましました。

 

しかし、そのうち、彼の体調は悪化。

やがて「死にたい」と口走るようになりました。

体もやせ細っていき、目は落ちくぼんで別人のように変わり果てました。

 

そこで私は、高校時代の同級生で、心療内科の医院を開業している人にアドバイスを受けました。

彼が言ったことは次の通りでした。

 

1.励ましてはいけない

とにかく、元気のない相手に対して「頑張れ」「勇気を出せ」と励ましがちですが、これは逆効果になる。

 

2.苦しみを分かってあげる

苦しみを和らげようと「もっと苦しんでいる人は他にたくさんいる」などと言ってしまいがち。

本人の苦しみをどこまでも分かろうとしてあげなければならない。

 

3.存在価値を認めてあげる

「死にたい」と思うぐらいに落ち込んでいる本人に対し、

どれだけ自分は価値ある存在なのかを教えてあげる。

 

4.人の為の生きる喜びを教える

人間は、他人のために生きようとしたとき、とてつもない力を発揮できる。

「他人のため」という意識が働いたとき、病状は良くなる。

 

5.待ちの姿勢を見せる

本人は、いつまでも苦しい状態が続くと思っている。

しかし、「必ず治る」という希望を与え、それまでずっと待ち続けるという姿勢を見せる。

 

以上のことを肝に銘じ、その通りに実践し、彼の仲間たちもそのようにしていきました。

そうしたところ、彼は少しずつ、薄紙を剥ぐように病状を好転させていったのです。

そして、4年間の病気の期間を経て、昨年秋から出社するようになりました。

 

仕事内容は、以前のようなハードなものは与えず、やりがいのある社内で済ませられるものを与えています。

そして、「以前の部署に戻りたければ、いつか戻してやる。戻らなくてもよい。

1年後、10年後のことは考えず、きょう一日、一瞬一瞬を、共に生き切ろう」

と言ってあげています。

今では、彼の顔に明るさが戻り、以前のように、仲間と冗談も言い合える状態になっています。



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL