恋人のうつ病と向き合った話

私の彼女はうつ病でした。

彼女が会社を辞めた頃から起こりました。

そこからは、長い間2人の本当の向き合い方を考えた時期だったように思います。

 

彼女に対してどう接したらよいのか?悩みました。

症状としては、手首のリストカットや全身に傷をつけるなど、悲しくなるものばかりでした。

そのうち、同じようなうわ言を繰り返すようになったりと、私自身も酷く悩みました。

 

彼女自身が会社を辞めた以外に、何か原因はないのだろうか?

自分にも彼女を苦しめてしまったことは無いのだろうか?

そうした原因を見つけ出し、接し方を考えていったのです。

 

先ず、彼女の心の中にあるのは不安な気持ちです。

それは彼女自身が会社を辞めた以外に、私の出張でした。

私が出張を繰り返す事で、彼女の中に浮気を疑う気持ちが芽生えたのです。

そうした不安要素から、次第に彼女は無気力にもなっていきました。

 

そんな時、頑張ろうとか早く良くなろう的な言葉をかけていました。

しかし、これはうつを患う人には逆効果です。

そうした時、彼女が楽になるのは何もしなくていい、

ゆっくりしてていいなど無理をさせない事だと理解してきました。

そうして、彼女の心に余裕を作ってあげる、それこそが立ち直る近道だとわかりました。

 

それでも、毎日の3時間近い電話を繰り返す日々は続いたりもしました。

しかし、向き合うのです。

例えば、体の骨が折れているのに、無視して歩く事は出来ません。

心の病気も同じ事です。

完治してゆくまで、支えていかなければなりません。

時には、わがままに見えて疲れきった時もありました。

しかし、これは心の病気なので仕方ありません。

 

うつになると、生活のリズムが崩れていきます。

彼女の肌はボロボロになり、大変でした。

なので、昼間に起きて、夜寝るサイクルをしてもらいたいと思い、読書を進めたりしました。

無理をして何かをさせない、それだけは自分の中で肝に命じていました。

スマホをいじる、パソコンを長時間やる事でも、さらに彼女のうつ病を追い込む危険性があると思っていました。

とにかく、頑張れは言わないように。

 

そうした、努力の甲斐もあり、少しづつ彼女が変化をしていきました。

自ら行動を起こして、何かをはじめようとしました。

彼女は、精神科にも行き、病気の自分と向き合い始めたのです。

 

うつ病は治るまでに時間がかかりますし、自分もうつになる可能性もあります。

しかし、信じてゆっくりと病気と向き合えばきっと、光はみえてくると思います。

家族やご友人など、身近な大切な人がうつになった時、時間をかけて支えてあげて下さい。



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL