友人の妻がうつ病に

私の夫の友人の妻は

数年前にうつ病になりました。

 

きっかけは、その友人の転勤で、

住み慣れた土地を離れて

全く知らない場所での生活を始めたことでした。

 

夫の友人は自分のやりたい仕事ができていたので

転勤は特に苦もなかったようですが、

その奥さんにしてみれば、そうはいかなかったようです。

 

夫の友人は奥さんがうつ病になったことでとても悩んでいて、

夫にもいろいろ相談してきていました。

そして、自分なりにうつ病の人への接し方を学んで、

精一杯奥さんに尽くしていたのが印象的でした。

とても多忙な仕事をされている方ですが、

自分の時間はすべて家庭に充てる感じで、

奥さんの回復に努めていました。

 

結婚してすぐに転勤となり、その友人はすぐにでも子供が欲しかったようですが、

うつ病の治療を優先し、子どもはしばらく我慢していて、

夫婦二人での時間を大事にされていました。

そして、再度転勤願を出して、奥さんの実家の近くで働けるようにしたのです。

 

もし自分の配偶者がうつ病になったらと思うと、

本当に心配は尽きないと思うのですが、

今の時代、うつ病は全く珍しい病気でなく、

だれでもかかる可能性のあるものです。

 

だからこそ、他人事と思わず、

もし身近にうつ病の方がいれば

気を付けてできるだけのことをしてあげたいと思うし、

夫の友人夫婦の話を聞いていて、日ごろより予防の意味も含め

ストレス発散をして心身とも元気でいたいと思いました。

 

健康はお金では買えない財産であると痛感した話でした。



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL