高校でうつ病に

うつ病の人への接し方って本当に難しいと思います。

簡単に治るものでも無いですし、何を考えているかもわからず

どう接すればいかわからないところが大変だと思います。

 

うつ病の人の気持ちは本人にしかわからないものだと私は思います。

そこで、元うつ病の私が当時思っていたことことを書いていきたいと思います。

 

私は高校生の頃に嫌な事が重なってうつ病になってしまいました。

好きだった部活を怪我で引退、バイトを始めるも続かず、

部活のメンバーだった友達ともだんだん疎遠になり、一人でいることが増え、

夏休みは誰とも関わらず、夏休みを境に学校に行かなくなりました。

 

私の親は学校に行かないことに酷く怒ってました。

殴られたり、無理矢理学校に行かせようとしたりされました。

私は心底死にたいって思ってました。

 

まずは怒らず優しく事情を聞くと良いと思います。

それから流石に心配になってきたのか怒ることは無くなりましたが

外や病院に無理矢理行かせようとしたりしましたね。

私は全力で拒否しましたが。正直無駄だと思います。

もし素直に病院に着いていくなら症状は浅い方なんじゃ無いでしょうか。

 

それから半年くらい過ぎた頃に親がしびれを切らしたのかこのままだと家から追い出すと言い出しました。

私はそこで本気で死のうとしました。

幸い未遂で無傷に終わりましたが、家から追い出すってのは結構効きますがリスクが高いと思いますね。

 

それからは親は何も強要しなくなり、どんどん時間だけが過ぎていきました。

じゃあどうすればいいのか・・・ずばり言いますが私がうつ病を脱したきっかけは無いです。

強いて言うならば時間ですかね。

私もうつ病の最中はなにもする気が起きませんでした。

ただ1年中布団で寝てるだけってのは逆に苦しかったりもしましたね。

 

携帯やゲーム、パソコンなどはとりあげられてましたが、どういったわけか突然返してくれました。

それからちょこちょこスマホをいじって動画とか見てました。

私の場合ゲームが好きだったので溜まってたお小遣いで好きなゲームをネットで買ったりしてました。

好きなことをしている時だけは気分が晴れてたと思います。

 

それから気分が良いときはだんだん家族とも話すようになりゆっくりとうつ病が治ってった感じですね。

人によって違うと思いますが元うつ病の私のアドバイスはまず焦らないことです。

はやく直そうと無理をすると逆効果になる可能性があります。

簡単に治るものではないですし、気持ちが乗らないと何言っても無駄だと思うからです。

好きなことをやらせてみる甘やかすのは良くないって思うでしょうが、

実際好きな事をしてるときは前向きな気持ちになれます。

無理に絡もうとしないことうつ病の時はとにかく話しかけられるのが嫌でした

頃合いを見るか向こうからくるのを待つべきでしょう。

とにかくゆっくりと焦らずうつ病から救い出してあげましょう。



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL