見捨てないで、そばに寄り添ってくれる人がいれば大丈夫

事の起こりは13年も前にさかのぼります。

1つ2つ位ならなんてことない嫌な事、下記全てが同時に起こりました。

 

●ものごごろついた頃から20年位「自分が産まれた土地(他県)に戻りたい」

とグズり続けた母の為、仕事を辞めて引越ししたら

「別に引越ししなくてもよかった」と言い出し、

私にしてみれば長年延々と聞かされた怒りが爆発。

 

●引越し先で就職した会社の50代女性2人からいじめに遭っていた事もあり

そのまま自分の車を売り払い元いた県へ家出。

 

●父親違いの兄嫁と母の折り合いが悪かったり父親違いの姉から

「おかあさんの面倒は見ない」と宣言され苛立った。

 

●祖父がなくなり叔母がなくなり譲り受けるはずだった祖父の遺産を

同居の愛人と娘に取り上げられた。

 

●仲の良かった友人達が「車売ったなら送り迎えないしなかなか会えないね」と寄り付かない

 

●親友だと思っていた友達2人が私の悪口を言い合いなぜかそのまま無視された。

 

●出会う男性がことごとくお金目当てだったり遊びだったり。

 

●引っ越して3日目で強盗に遭いお金と貴重品類全て失った。

 

●必死の思いで派遣として就職した会社の給湯室で初日から

「あの人生理的に嫌い」と話す社員さん達の会話が丸聞こえ。

 

●買ったばかりの自転車のブレーキがきかず転倒。

左足に大けがしたのに社員さん達からヒソヒソ笑いものにされているのが丸聞こえ。

 

●続く母の私への執着。

2~3日に1度はお金がないと恨み言の電話、

月収12万から月2万送金させられたので生活はギリギリ。

河原で食用の草を探す自分がみじめに感じた。

 

大学を出て2~3年の自分にはこれでもかなりのストレスで、

ある朝、出社しようと会社の下までついた途端、足が震えてしゃがみこみ動けなくなりました。

 

またある時は上司から「この書類、コピー3部とって」と言われた言葉が理解できず、

隠れてメモ書きした文字を泣きながら何度も読み返しました。

心から忘れたい、消えてほしいと強く思ったら、本当に記憶が消えていきました。

 

どうにもおかしいと思い診療内科を受診し、うつ病と診断されましたが

先生との相性が良くなかったらしく、

アドバイスもお薬も全然効果がありませんでした。

 

何件か病院をまわりたかったのですがそんな時間もお金もなく、

とにかく生活の為に働き続けました。

 

そんな私が引きこもりにならず仕事を続けられたのは

1人の女友達と彼氏のおかげです。

2人とも何も聞かずにただそばに寄り添ってくれました。

 

自然体でいられて心が穏やかになる場所があれば立ち直れるものです。

1番辛い時に支えてくれた彼氏とそのまま結婚。

2人の子供に恵まれ幸せな日々を過ごせるようになりました。

 

あれから13年経過しましたが昔の事は未だに思い出せません。

記憶に関わる人物に会おうとすると身体中が痙攣をおこしパニック障害に陥ります。

無理に過去を思い出したり立ち向かうよりは家族と未来に進んで行こうと思っています。



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL