老人性うつ病とは

 

今、日本の高齢者の5%はうつ病と言います。

高齢者のうつ病を特に、老人性うつ病といいます。

 

高齢になってからうつ病になった人は、それまで十分に頑張ってきたのに、

「一体何の為に頑張ってきたのかわからなくなった・・・」

という心境のために、発病することが多いです。

 

例えば、サラリーマン時代には健康そのものだった人が、

退職後に仕事をする達成感を味わえなくなり、生き甲斐を失ってしまうことで、

老人性うつ病を発症するケースも少なくありません。

 

老人性うつ病では、若い人のうつ病と比べると、抑うつ症状が激しくない傾向にあります。

高齢者の場合、身体に病気が出ることで、心を病んでしまうこともありますし、

逆にうつ病になることで、身体にも悪影響が出やすいです。

 

そのため、「うつ病」であることに気付かれない結果、

どんどん症状が悪化していってしまうのです。

 

認知症老人が時に、活気のなさや不安げな様子を見せることから、

老人性うつ病はしばしば、認知症と間違われることがあります。

 

高齢者が自分で「うつ病」に気付いて病院に行くことは稀です。

たまたま「最近、物忘れが激しくなってきたなぁ」と、認知症を疑って病院に行くと、

うつ病が発見されるというケースが圧倒的に多いのです。

そもそも、本当に認知症なのであれば、物忘れがあること自体に気付くことはありません。

 

老人性うつ病では、今まで関心のあったことに対して興味を失ったり、

注意を集中させることができなくなったり、物忘れをするといった症状があらわれ、

それらの症状が一見すると認知症に似ているため、見分けることが難しい場合があります。

 

こうした、実際はうつ病であるのに、症状から認知症と間違われてしまう状態のことを、

「うつ病性仮性認知症」と呼びます。

 

「うつ病性仮性認知症」と「本当の認知症」を見分ける方法としては、

「うつ状態になる変化がはっきりしている」、「変化が起きるきっかけがはっきりしている」、

「短期間で変化が表れている」、などの特徴が挙げられます。

 

これらが認められれば、認知症ではないので、老人性うつ病として適切な治療を施す必要があります。

 

他にも、実際に抗うつ薬を服用してみて、効き目があるかどうかで判断するケースもありますが、

うつ病を発端に、結局本当に認知症になっていくという事例も少なくないようです。

 

老人性うつ病の特徴としては、憂うつで落ち込んでいて、自分を責めたりしていたり、

うつ病による症状が現れても、本人がそれを年のせいと思ってしまう場合があります。

 

高齢者の場合、うつ状態になっても、

「行く末の短い年寄りが、悲観的になったり、多少落ちこみはしても、仕方が無い」、

ぐらいに考えてしまうため、対応が遅れがちになってしまうのです。

 

例えば、長年連れ添った妻や夫が亡くなると、当然元気はなくなります。

でも、その抑うつ感が何ヶ月も続くようであれば、うつ病も疑われます

 

パートナーが亡くなることで、それまで元気で、とてもうつになるような性格ではなかった人でも、

木がポキッと折れるように、突然うつ病を発症することがあります。

 

他にも、老人性うつの原因には、子どもに対する不満がストレスとなり、

うつ病を引き起こしているケースもあります。

 

子どもがうつになり、親がそれを心配してうつ傾向になるケースや、

逆に親がうつ病になることで、介護に追われて疲れきってしまった子どもまで

うつ病になってしまうケースも。

これらは最悪の場合、共倒れになる可能性があります。

 

実はあまり知られていないことですが、65歳以上になると、

うつ病でも介護保険サービスは受けることができます。

「年のせいだから・・・」と諦めないで、積極的に治す事を考えていきましょう。


うつ病の家族への対応マニュアル

大切な家族、友人、会社の仲間がうつ病になってしまった。
でも、自分がどう接してあげればいいのかわからない・・・


うつ病が増え続けている現代では、同じように、うつ病の人への接し方で悩む人も増えています。


20年間、多くのうつ病を抱えた患者と向き合ってきた心理カウンセラーが、
簡単に自宅で実践できる対処法で、うつ病を抱える大切な方と向き合いながら、
一緒にうつ病を改善していける秘訣を教えます。

うつ病の家族への対応マニュアル


うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA