思春期うつ病

人間というものは

毎日生きていくうえで

さまざまなストレスと遭遇するということも多いです。

 

そのような日常生活に感じるストレスのなかでも、

精神的な原因のストレスというものは頻繁に発生します。

 

人間が日常生活を送るといううえで、

他人とコミュニケーションをするということは避けて通れないことですが、

そのような他人とのコミュニケーションによって

なんらかのストレスが発生するというのは頻繁に起こりうることです。

なぜなら人間はひとりひとりその容姿や考え方、

趣味や嗜好などもさまざまですから、

そのような価値観が異なる人間同士が接触をすれば

価値観の衝突というものは避けられないからです。

 

そのような衝突が避けられない場合、

人間はたがいにストレスを感じるということが起こるのですが、

このようなことは大人のあいだだけではなく

思春期の子どもなどにも当てはまるといえます。

 

今、思春期うつ病で悩んでいる少年少女が

少なからずいるといわれています。

自分でそのような症状を自覚して病院などに通い

相談をしているという子どももいれば、

自覚症状もないまま毎日を苦痛に満ちて過ごしているという子どももいます。

 

また自覚症状はあるのですが病院にいくことをためらうという子どももいます。

そのような思春期のうつ病には対人関係の衝突からくるストレスなどの他にも、

思春期独特の悩みからうつ病を発症するという場合もあります。

からだの成長に関する悩みなどによりうつ病を発症するというケースなどです。


うつ病の家族への対応マニュアル

大切な家族、友人、会社の仲間がうつ病になってしまった。
でも、自分がどう接してあげればいいのかわからない・・・


うつ病が増え続けている現代では、同じように、うつ病の人への接し方で悩む人も増えています。


20年間、多くのうつ病を抱えた患者と向き合ってきた心理カウンセラーが、
簡単に自宅で実践できる対処法で、うつ病を抱える大切な方と向き合いながら、
一緒にうつ病を改善していける秘訣を教えます。

うつ病の家族への対応マニュアル


うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA