子どものうつへの対処法

 

受験の失敗やいじめなどの精神的なストレスや、

引越し、入学などの環境の変化が引き金となって、

子どもがうつ病になることもあります。

 

子どものうつ病に対して、親はどう対処すればいいのでしょうか。

 

かつては、子どもにはうつ病はないと言われていたこともありましたが、そんなことはありません。

 

うつ病は、疲れ果てて生きる気力をなくしている状態ですから、十分に休むことが第一です。

うつ病をよく理解した上で、「一緒に治していこう」、という温かい態度をとることが大切になります。

 

心身共に発達過程にある子供は、落ち込んだ気分を

大人のように言葉で表現できないことが多く、行動や身体症状として現れることが多いです。

 

うつ病になると朝起きられなくなったり、動作がゆっくりになったりしますから、

つい、「もっとしっかりしなさい」といった言葉をかけてしまうこともあるでしょう。

でも、これだけは止めてください。

 

また逆に、本人の問題を必要以上に恐がり、不安になりすぎる親もいます。

心配が高じて、「お前のせいだ」などと夫婦ゲンカに発展するようになると、

子どもも「自分のせいで両親が不仲になっている」

と自分の存在否定に走り、心もすさみがちになることがあります。

 

思春期の子どもの中には、「どうして私なんか産んだの!」

という文句を親にぶつけることもあるかもしれません。

 

でも実は、そうした子供の言葉は、自分の問題を親に映して見ているのです。

投げかけられた問題に対して、親が上手に対応してくれるか、

その処理を見て安心したいという本音があるのです。

 

だから、子どもが、うつ病であることを理由に色々なことを要求したり理不尽なわがままを

言うようになったら、やんわりと断るようにしてください。

 

うつ病は時に人をわがままにもします。

誰からもかまってほしくないと思う一方、孤独をひどく恐れます。

要するに情緒不安定なのです。

 

イライラと怒りっぽくなることもあれば、ふさぎ込むこともあります。

親にしてみれば不愉快な言動をとることも多いでしょう。

 

一生懸命ケアをしようと考えているのに、そういう態度に出られると、

親としても腹立たしくなるのも当たり前です。

でも、それで逆に気を使いすぎて、まるで特別扱いしているようになってしまってはいけません。


うつ病の家族への対応マニュアル

大切な家族、友人、会社の仲間がうつ病になってしまった。
でも、自分がどう接してあげればいいのかわからない・・・


うつ病が増え続けている現代では、同じように、うつ病の人への接し方で悩む人も増えています。


20年間、多くのうつ病を抱えた患者と向き合ってきた心理カウンセラーが、
簡単に自宅で実践できる対処法で、うつ病を抱える大切な方と向き合いながら、
一緒にうつ病を改善していける秘訣を教えます。

うつ病の家族への対応マニュアル


うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA