中学生のうつ病と親の接し方

うつ病は、簡単に言うと

精神障害の一種で意欲や興味、

精神活動などの低下や不眠や

食欲低下などの精神疾患のことです。

 

うつ病は、サラリーマンなどの大人に多いと思われがちですが、

中学生にもうつ病の人はいます。

 

中学生のうつ病は、とても気づかないことが多く、

中学生だからうつ病はありえないなどと考える人が多数なので、

子供一人で抱え込んでしまうケースが多いのです。

 

中学生のうつ病は、学校生活の友達関係などで

だんだんとストレスが溜まっていき最悪の場合、

脳出血など生命に関わるほどの負担が身体にかかってしまうことがあります。

なので、中学生はしっかり親に話し、病院で診断してもらうことが大切です。

 

親は、子供が言っていることを受け入れて

どのようにしていくのかを考えることが大切です。

病院で診断してもらい、どのように治していくかはとても大切のことですが、

まず親の接し方を変えていくのが大切だと思います。

親の接し方から変えていき、普段の何気ない会話などでも、

子供にストレスや負担をかけないかしっかり考えて、話すことが大切です。

 

うつ病とは上記でも説明したように、

主にストレスなどで発生する症状なのでまずは、

子供に負担をかけないことが大切です。

その他にも、子供の異常などにしっかり気づいて、

心配してどのようにしていけば子供が喜ぶかなどをしっかり考えることが大切です。

中学生のうつ病とはとても気づきにくいものなので、親がしっかり子供を見ることが大切です。



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA