うつ病の海外での転地療養

近年、日本国内においては

ストレス社会と呼ばれる状態となっており、

多くの企業内での業務の内容が複雑化していたり、

業務の量が増していることが問題となっています。

おまけに、職場内での人間関係が悪化することによって、

離職率が高かったり、研修の機会を設けることができない

という事態に陥っている企業が目立っています。

 

そうした中、過度のストレスによってうつ病を患う人も増加しています。

うつ病は本人の気質にストレスなどの社会的な環境の

影響を受けた場合に発症しやすくなることが分かっています。

 

うつ病を治療する際には長期間の休職が必要となることが多いために、

積極的に職場内でのサポート体制を取ることが望まれています。

 

うつ病の原因が職場の人間関係や長時間労働などにある場合には、

転地療養として海外に移り住むことも望まれるようになっています。

 

日本国内の一般企業内においてはメンタルヘルス管理に理解がないことも多く、

こうした転地療養が認められないケースがほとんどとされています。

ただし、大企業や外資系企業の中では転地療養を

快く承諾しているところもみられています。

 

転地療養を海外で行う場合にはそれ相応の資金が必要となるために、

いざという時に備えて日ごろからの貯蓄に励んでおくことが有効です。

また、会社の福利厚生制度などを活用することによって

転地療養を上手く行うことができるケースもあります。

今後もうつ病の社員のサポート体制の充実が社会的にも期待されています。



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA