うつ病で医療保護入院になる場合

最近は複雑な世の中ですから、

会社でのストレスで悩んでうつ病になることもありえます。

 

そもそも、医療保護入院とは、精神科に関しての入院形態で、

本人の意志とか関係なくて病院へ入院させることができる制度になります。

そして、うつ病で医療保護入院になるときは、

病気のために、人生がいやになって

自分で人生を終わらせようとするときとか、

あるいは病気が原因で食べられなくなって

生命の危機を感じた時に入院することが多いと考えられます。

 

精神科への入院は、本人が取り乱したりとか、

自分を見失うことなければ、昔のようなイメージが悪いこともなくて

一般の病院と同じ扱いをうけることになります。

 

もちろん、また病気がなおってきてあなたが、

人生に対しての意欲を取り戻したら、

退院することが可能性になります。

 

医療保護入院は、患者を病院に閉じ込めることではなくて、

生命を守るために一時的に一般の社会から離れて、

病院で治療をするのです。

 

そもそも、精神科での治療はお薬を飲むことと、あとはのんびりすることです。

そもそも、うつ病になっておいつめられて状態で精神科が疲れているために、

社会にいるような活動的な行動は制限されます。

 

また、病院によっては病気についての知識を深める教育講座が

おこなわれている所もあるでしょうから、病状が回復しましたら、

そういう講座に参加をして今度うつ病になった時の

対策のコツを学ぶことになります。

 

患者は、無理やり入院させられたと家族を最初はうらむかもしれませんが

病気がなおったら感謝されるはずですから、医師に相談することが大切です。



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA