最近多くなっている「私もうつかも病」

みなさんも、一度はうつ病というものを聞いたことがあると思います。

現在の日本では、会社での悩みや家庭の悩みなどで、

多くの方がうつ病に悩まされています。

 

うつ病とゆうのは、精神障害の一種で、精神活動の低下や、

食欲不振、不眠症などの症状を特徴として精神疾患です。

現在では認知も広がっており、病気として捉えられる事が多くなっていますが、

以前は怠け者病などと呼ばれていました。

 

そのうつ病も色々な種類があり、現在では、「私もうつかも病」というものが注目されています。

これは、簡単に言うと自らうつ病の症状を引き起こしてしまうものです。

これは、周りの環境などによって、自分をうつ病に迷い込ませてしまうものなので、

周りの対処方法なども重要になってきます。

 

この症状の中で、過呼吸になってしまうという症状があります。

これは、普通のうつ症状でもあるのですが、自分の苦しみを表現するために、

無意識に自分を過呼吸にしてしまっているという場合も多いのです。

 

会社などで、何かしら悩みを抱えていても、自己表現が苦手な方は

なかなか自分からそれを周りに伝える事が出来ません。

そこで、過呼吸になることで、周りに自分の苦しさを伝えようとしてしまうのです。

それも自分で意識してやっているわけではなく、無意識にやってしまうので本人も気づきません。

 

こういった場合、自分の苦しさなどを、周りに相談したり、

しっかりとコミュニケーションをとるという事で改善される場合が多いのです。

このように、自分で無意識にうつ病の症状を引き起こしてしまう場合もあります。

なので、周りの方も、その人の苦しみなどを受け止めてあげるような環境作りが必要になってきます。



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA