新型うつとの接し方

従来型うつ病は真面目で、几帳面で責任感が強く、

仕事熱心な人がストレスに耐え切れなくなると発病するケースが多いので、

まずは環境を変えることで、精神的なプレッシャーから解放させてあげることが先決でした。

ところが、新型うつ病の人の場合、このやり方は通用しません。

 

新型うつ病の人は、休職したり、入院したりして、一旦症状がよくなったように見えても、

しなければいけないことのある日常生活に戻ると、また症状が悪化するケースが多いです。

 

かといって、休養が長くなればなったで、しなければいけないことが余計負担になり、

それを回避しようとする傾向はますます強まります。

そして、仕事や日常生活にどんどん復帰しにくくなる傾向にあります。

 

本人からすれば、決して甘えているつもりはないのですが、

新型うつ病は、周囲が気を使って優しくしすぎると、

余計に回復が遅れることもあると考えられています。

 

そのため、少しずつでもよいので日常生活のできることをこなしていく方が、

ずっと休養するよりも、早い回復に繋がります。

 

新型うつ病の人への最良の接し方は、自分でできるように周囲が支援し、

本人を「自分でやろう」という気持ちにさせることです。

そうすることによって、本人も身近にいる人も、

「頼りすぎる、頼られすぎる」という悪循環から解放されます。



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA