うつ病を認める

うつ病は、周りの人から理解を必要とする病気ですが、

最も理解されない病気の一つでもあります。

 

うつ病は治療が必要な「病気」であって、

単なる「気の緩み」や「なまけ」ではありません。

 

家族の一員がうつ病になってしまったときは、

他の家族は「病気」として認め、適切に対処することが欠かせません。

 

ところがうつ病が認知されるようになった現在でも、

実際には家族のうつを病気として認められない人は多いです。

これは、患者本人にとって、とても苦しい環境といえます。

 

病気と認めないということは、本人の病的苦しみや辛さも認めてあげないということになります。

 

たしかに、うつ病の人は一目見ても健康体であるため、一般的に考える病気と違う部分もあります。

それでも、薬を飲むと楽になるという意味では、正常とは言い切れないということ。

それに、目には見えない障害や病気なんて珍しいものでもありません。

 

また、うつ病の人には「がんばって」と言ってはいけないという知識も、

うつ病が世間的に認知されるにつれ、広まってきています。

 

しかし、それに代わる言葉が見つからず、戸惑っている家族も多いのも事実です。

 

一緒にいる家族は心配し、なんとか励ましたいとは思うでしょうが、

それは、つまり「頑張って」という言葉に繋がってしまいます。

 

他にも、「気分転換に散歩でもしてきたら?」と気分転換をすすめたとしても、

本人にしてみれば、「その散歩すらできない自分はなんてダメな人間なんだ・・・」

と自分を責めてしまう場合もあります。

 

それじゃぁ一体、「どう話しかけたらいいのかわからない」と諦め、放置するのではなく、

無理に話しかけなくても、うつ病を認め、近くにいて見守るだけでいいこともあります。

 

元気になるように励ますのではなく、「あなたは今、病気だからゆっくり休む必要があるのよ」

と、病人であることを自覚させることが効果的なケースもあります。



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA