友人の妹が彼氏に振られたのをきっかけにうつ病になり回復するまで

私の友達にU君という者がいます。

小学校に転校した時に出会い、それ以来良くしてもらい親交があります。

 

彼の家には弟さんと妹さんがいました。

妹さんはKさんといい、おとなしそうで可愛らしい子でした。

良くU君の顔を見に行ったり、届け物をした時にKさんが出迎えてくれて

軽く話したりして笑顔が似合い、愛想も良かったです。

話の中で彼氏さんができたと聞いて、凄く幸せそうに見えたので

結婚するかなと心の中で思っていました。

 

しかし、2年前の事です。

彼女は彼氏さんが関東に急遽転勤することになり、Kさんは勤めていた仕事を辞め、

彼氏も着いて来いと言っていたので互いの両親からも許可をもらい

花嫁修業や結婚も兼ねて、地元を離れ彼氏さんのいる街へ一緒に行きました。

U君もご家族も1年ぐらいたてば結婚すると聞かされてこれはめでたいと思ってました。

 

ですが、春関東に行って約4か月後の事でした。

私は仕事帰りに買い物をしに、ド〇・キホーテへ夜行きました。

人はまばらで少なかったのですが、しばらくすると店内に怒鳴り声と奇声が聞こえました。

女性の声で何事かと思い驚きました。

 

声の方向はレジの方で、一人の髪が金髪の長い女性が

店員さんに狂ったように唾を飛ばしながら、暴言を吐いて怒っていました。

私はその姿に見覚えがありました。

 

レジで精算を済ませ、怒鳴っている女性を見たらなんとKさんでした。

黒髪で染めない子でしたが、この時は金髪。

ちょっと顔がふっくらしてました。

ですが、Kさんの目の下が隈ができていて顔色が青ざめていて不気味でした。

 

別人かと思いましたが、首筋のほくろの位置や、身長や体重。

お店を出た時に、私が駐車した場所の近くに軽自動車がありましたが、

確かにKさんが乗っていた軽でナンバーも一緒でした。

車は彼氏さんと生活するアパートで使うために持って行ったと聞いてました。

 

私はLINEでU君に彼女が怒鳴っていることは伏せて

「店でKちゃん見たぞ。お盆が近いから帰ってきたん?」と送信しました。

すると間髪入れずU君からの電話が直ぐに着ました。

出ると、「い、今K何処にいるん。頼むから教えてくれ!!」と焦ったような声でした。

 

私はこれは只事じゃないなと思い、U君に聞くとKさんは彼氏と別れたそうでした。

向こうの生活で生活用品や飲み代などは彼女に全て支払わせていました。

しかも、彼氏さんはKさんがアルバイトをして結婚資金や生活を助けたいと言ったそうですが

それも認めませんでした。

しかも、彼氏さんが浮気をしていることも判明。

更に多額の借金をスロットでして結婚資金もショート。

大喧嘩になって別れてそのまま消息がわからなくなっていたそうです。

 

私はU君に今いる場所を教えたら、

「しばらく妹が逃げないように見張ってくれ。」と頼まれて待ってました。

数十分後、K君とご両親が到着。

私が事情を話していたら、「あー、ド畜生共め。最低の店だ!!」

と怒鳴りながら袋を振り回すKさんが出てきました。

 

U君達が駆け寄ると「やめろ!てめえらとはもう会わないし顔なんて見たくねえ!」

と店の外を出て猛ダッシュしていきました。

私達は追いかけてやっと捕らえました。

「ああ、くそう。最低の女だよ。私。最低の人生だよ!」

と号泣してその場で泣くのを私は見ることしかできませんでした。

 

Kさんは、彼氏の下を去って地元の友達の家で2週間くらい生活していたそうです。

それから実家に戻りましたが、自分の部屋で頭を打ち付けて壁に穴を空けたり、

夜中に自宅前で大声で叫んで警察の方が来たり、

自殺しようとリストカットを試みようとしたり、

部屋に引きこもってベッドで糞尿を垂らしそのままにして異臭を放つようになりました。

 

U君達はとりあえず病院に連れていき、診断してもらうとうつ病との結果でした。

彼女は彼氏に振られたのを認めたくないことや

結婚も破棄になったショックで自暴自棄になりおかしくなってしまいました。

その後薬を飲んだりし、療養していました。

 

私が用事でU君の家に行った時に、玄関前で彼氏の恨みの言葉を念仏のように唱えて

私を見ると家の中に入り塩を持ってきて、

「男なんて化け物だみんな!悪霊退散!!」と塩を投げつけられたことがありました。

私は怒りというか、悲しさしかおきませんでした。

Kさんがうつ病で人格が変わってしまったのがショックで暫く言葉が出ませんでした。

 

軽自動車も全く乗っていませんでしたが、

ガラスやドアが殴ったり蹴ったりしたかのようにボコボコに凹んだり割れていました。

ご家族から怒りが溜まった時に車にだいぶ八つ当たりしていたと後々聞かされました。

 

その後スマホで彼女はしたことなかった競馬や競輪のギャンブルもし、銀行残高0までになりました。

また部屋でも糞尿を漏らし、匂いが近隣に伝わり苦情も着て大変だったそうです。

 

何とか無気力で嫌がる彼女を家族で連れて病院。

近所に精神科の先生が居るのでその先生や、

私の知り合いで心理カウンセラーの資格を持つ女性が居たので、

その方にお願いしてKさんを見てもらったりしました。

とにかく見捨てずに、ゆっくりと見守りました。

 

1年後、Kさんは次第に回復し元気になってきました。

半年前にはバイトもできるようになり、現在知り合いの方の紹介で花屋でバイトしています。

だいぶ落ち着いて、現在薬も不安な時やそれ以外は週2回に減り順調です。

 

最近は私がU君の家に行った時は、

暴言も吐かずに以前のように笑顔がまだぎこちないけど挨拶してくれるようになりました。

私も普段通り挨拶し軽く話しています。

 

現在はうつ病のカウンセリングの集まりで知り合った方々と交流し回復し自分のペースで生きています。

最近近所の同級生の男性が事情を分かったうえで告白し

お付き合いすることになったと数日前に聞かされました。

 

Kさんがうつ病になった時に、私は普段通り変わらない挨拶と軽く話をするのは欠かさずに行ってました。

U君達は常に見捨てずに声を掛けて見守っていたそうです。

何か具合が悪かったり暴れていたら体ごとぶつかって必死で止めていたそうです。

 

現在は早寝早起きや適度な運動もさせているみたいでそれらも回復に早い効果があるみたいです。

下がりながらも見守る目線で接することが重要かと思いました。



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA