躁うつ病患者による騒音

躁うつ病という病気をご存知でしょうか、

躁うつ病は、通常のうつ病とは異なり、

躁状態と鬱の状態を交互に繰り返してしまう病気で、

主に躁状態の時には、病気になってしまっている人の中で

感情が高ぶり、何でもできるというような気持ちになってしまい、

騒音を流してしまう事等があるようです。

 

躁うつ病の人全てがそのような状態になる訳では無いのですが、

酷い躁状態が続いてしまうと、どうしても住んでいるマンション内で

騒音を立てているつもりがない状態で、騒音を流してしまうような状態が続く事もあります。

 

つまり、躁うつ病を患っている人というのは、

自分が人に迷惑をかけているというような認識を、

そうした事が起こっている間には、認知していないという事になります。

 

このような人が同じマンションに住んでいて、

大変な迷惑がかかってしまい困るという場合には、

一度騒音についての手紙や、回覧板などでの効果を試してみたり、

何時頃に騒音があったのかというような事を記録しておくと、

非常にわかりやすいですし、マンションの管理者などにも伝えやすくなります。

 

尚、動画として録画をしておいたり、録音しておいたりしても有力なので、

できるだけそうした証拠を残した上で、迷惑行為について

相談のできる所へ提示するようにすると、トラブルを避ける事が可能です。

 

尚、これとは逆に、躁うつ病と診断されたことがある人の場合には、

躁状態の自分の行った事等について知り、

迷惑行為を行っていないか自覚する必要があります。



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA