職場復帰する場合

休職を終え、職場復帰するときが、うつ病で最も慎重を要する時と言えます。

 

治療活動に専念して、休職している間の気持ちと、

会社で仕事をしながら治療しているときの気持ちは同じではないからです。

 

職場復帰をするには、まずは主治医からの

「職場復帰可能な旨の診断書」が会社に提出されなければなりません。

 

次に会社側がすることは、治療を行なうと同時に、職場の許容度をあげ、

病気が完治していなくても会社で問題が起こらないよう環境整備を行ないます。

 

うつ病で長期休養し、復職してくる人は、

「周囲の人は自分をどのようにみているのか」をとても気にしています。

 

受け入れる側は「うつ病は明日はわが身」と考えて、

できるだけ本人の不安をなくす姿勢で対応するようにしてください。

大きな期待をかけたり、力まないことが大切になります。

 

年配の方の中には、うつ病を理解できない人もいるでしょう。

出世している人の多くは、ストレスや過労で倒れなかった人たちだからです。

 

そういう人は、うつ病の症状を、「根性が足りない」の一言で片付けてしまいます。

このような偏見を職場から一掃することで、うつ病の人が職場復帰しやすい環境となります。

 

うつ病があまり受け入れられていない職場では、復職してきても、

「休んで迷惑をかけた以上の仕事をして、失った信用を取り返したい」と

初めからバリバリと全力で働き始めてしまったり、

「会社の同僚や先輩・上司と前のように良い人間関係でありたいから」と、

まるで休職や病気がなかったように職場で振舞うような人も。

 

うつ病患者に余計なストレスをこれ以上与えないようにしてあげてください。

 

そもそも本来、管理職はマネジメントをうまく行なって、

部下が働きやすい環境を提供する役目を負っているはずです。

それが部下のストレス源となってしまっては、職務に忠実とはいえないのではないでしょうか。

 

 

復帰前はリハビリから始める

職場復帰が可能な状態になったら、産業医や上司に連絡を取り、

復職に向けた具体的な相談をするようにしましょう。

 

職場復帰する直前は、「本当にやっていけるだろうか」と不安が高まるものです。

 

休職中は会社から、あまり連絡を取らない方がゆっくり療養できますが、

復職できるか不安になって、孤独に感じることもあるため、

職場復帰が近づいた頃に病状を定期報告させたり、

職場に復帰する前に、何度か上司に会っておくことも勧められます。

 

職場復帰前のリハビリとしては、まず電車に乗って会社まで行くことから始め、

読書、資料のコピー、新聞を読む、友人と会話することなどが効果的でしょう。

 

一歩一歩進めていくのが、回復への最も早道となります。

うつ病で日中も、ゴロゴロと横になって過ごしていて、

突然、発症前のレベルに戻って働き出すことは、まず不可能だからです。

 

職場復帰した後は、数週間は隔日勤務としたり、時短勤務とすることで、

復帰する人にもかなりの負担減になります。

 

仕事の内容も、しばらくは資料整理のような

ノルマのない仕事、自分一人のペースでやれる仕事が適していると思います。

 

うつ病で休職していた間の生活リズムをすぐに仕事にリズムに変えることは難しく、

回復状況を確認しながら仕事の量を増やしていく必要があります。


うつ病の家族への対応マニュアル

大切な家族、友人、会社の仲間がうつ病になってしまった。
でも、自分がどう接してあげればいいのかわからない・・・


うつ病が増え続けている現代では、同じように、うつ病の人への接し方で悩む人も増えています。


20年間、多くのうつ病を抱えた患者と向き合ってきた心理カウンセラーが、
簡単に自宅で実践できる対処法で、うつ病を抱える大切な方と向き合いながら、
一緒にうつ病を改善していける秘訣を教えます。

うつ病の家族への対応マニュアル


うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA