従業員がうつ病になった時の対応方法

従業員がうつ病になった時の

対応方法について書いて行きたいと思います。

 

ストレス社会と言われる現代社会においては、

精神疾患やこころの病気などが大いに取り立たされています。

私の勤める会社でも、このような疾患を患った方が過去にいました。

このような疾患を患う原因は様々で、

原因が家庭にある場合や会社にある場合など多岐に渡りますが、

その原因を取り除くことから始めなければなりません。

 

ですので、疾患の原因が会社にある場合は、

仕事を辞めざるを得ない場合もありますし

、他に原因がある場合でも、休職などで心身の回復を図らねばなりません。

こういった疾患は外見的に判断できないところに、他者からの共感を得ない部分があります。

従業員などがうつ病などの、何かしらの精神疾患や

こころの病気を患ってしまった場合は、

まずはしっかりと休養を取ってもらうのが1番です。

 

会社の都合もあるとは思いますが、休職している間は傷病手当などの方法もありますし、

場合によっては労災扱いになります。

まずは当該社員と話し合って今後の方向性をどうするのか

というところを決める必要があります。

 

本人に復職の意志がある限りは、会社としてできるだけのことを行って、

本人の回復を待つ方法が望ましいです。

本人が仕事を続けられないようであれば、退職させることも仕方ありませんし、

結果的に本人の為でもあります。

 

復職を希望する場合は、本人が戻ってきた時に

居場所がなくならないよう配慮が必要です。



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA