今、会社にいるうつ病になった後輩のR君が仕事復帰できるよう色々協力しています。

私は、今現在会社にいる後輩のR君の仕事復帰、完全復活できるように

色々協力し助けて手伝ってます。

 

R君は2年前新入社員として入った人です。

当初は仕事もしっかりしてできて頑張っていました。

ですが、半年前でした。

付き合っていた彼女に振られ失恋してから調子がおかしくなりました。

 

学生時代から付き合っていた彼女さんだったらしいのですが、

突然他の男性に告られてOKしR君と別れたのです。

R君は結婚する気でお付き合いしていたみたいでしたが、

その失恋はだいぶショックだったみたいです。

 

その後、直ぐに盲腸になり入院。

退院したかと思ったら、突然謎の3日間の無断欠勤。

私はチームが違ったのでR君は所属チームの課長に数時間お説教と罵倒されて泣いてました。

 

その後彼はうつ病になりしばらく休みました。

私は、上司のK部長と共にたまたまR君の様子を一緒に見に行くことになりました。

お母さんも泣いてあやまるばかりでした。

 

R君の部屋に通してもらうと長身で筋肉質でしたが、痩せこけてがりがりで目が虚ろでした。

彼に話を聞くと、振られた彼女さんにはブランドバックや車をローンで買ってやり借金ができたり、

そのストレスでスマホゲームの課金も止まらず、

某モンスターゲームでいいキャラを出すのに課金を10万くらい注ぎ込み麻痺してました。

 

私とK部長は何も言わずただ聞き役に徹しました。

表情を見ながら、ただ頷いて話を聞いてあげました。

 

言いたいだけ話させて、休憩してるところ

「協力したい。君が仕事を再開できるように手伝わせてくれ。

できることはお手伝いする。」とR君にそう言って接しました。

1回目はそれで帰りました。

 

その後は一週間に1,2回はSNSやメールで体調はどうだとか優しい口調で連絡しました。

すると彼から返信や電話も来るようになりちょっとは明るくなった声になりました。

 

あとは復帰する際、R君はずっと部屋に引きこもりでしたので、

軽く散歩や筋トレなどするように体をとにかく動かすようにアドバイスしました。

「焦らず、自分のペースで生きていけばいいんだ。」

と言いながらとにかくR君の話を聞き終わるまで発言はしませんでした。

 

3か月前にR君はついに会社に復帰しました。

最初は6時間勤務でした。

私や他の者を含め辛そうなら休憩させて、あまり難しい仕事はさせず、

まずは会社内の清掃をさせ体を動かすようにさせました。

2か月前にはだいぶ顔色も明るくなり薬の量も減ってきてだいぶ穏やかな表情をするようになりました。

 

借金の問題も当面親に建て返してもらうことが決まり、

彼女さんに車やバッグの一部を返してもらえるように

交渉してもらえる知り合いの弁護士さんに頼んだりして、

R君がプレゼントしたほとんどの物を返してもらい、

それを現金化し、返済にあてて少し負担がなくなりました。

 

来月には8時間でフルで復帰可能です。

今はジムに行って落ちた体力を取り戻せるように鍛えているそうです。

彼も辞めたくないと言っていたし、担当しているプロジェクトのチーム員で掛けるわけにはいかないので

別チームですが可能な限り会話したり、手伝ったりできる範囲でしています。

 

とにかく頑張れとか大丈夫とかいうワードは

ナーバスな心を傷つけてしまう可能性があるので言わない様に気を使いました。

温かい目で変な差別、色眼鏡で見ない様に普通に接することを現在も心掛けています。

うつ病になった人を回復させるのがそれが一番の解決の近道なのかもしれません。



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA