うつ病で休職する時の診断書

うつ病を患ってしまい、

どうしても仕事を辞めなければならない

と言われた時や、

どうしても仕事を続けることができない

というようなプレッシャーが続く場合には、

一旦仕事を辞め、休職をする手続きを行う事が必要になります。

 

特に正社員雇用での場合、うつ病での休職をする場合には、

早めに診断書を病院側から出してもらい、

上司に報告するなどして休職手続きを取るのが無難です。

 

また、パートやアルバイトの場合でも、

うつ病でどうしても仕事へ行く事が困難になった場合、

仕事を休み続けるよりは専門の病院へ行き、

念のために診断書を持ち帰った上で、

休職をするか退職をするのかといった方向で物事を決めていく必要があります。

 

診断書がある場合だと、求職の手続きを行うのもスムーズに進みますし、

専門の病院で診断書を発行してもらう場合には、

患者側を労わり、社会的にも正しい認識をしてもらう事ができるような

診断書を医師が発行してくれるので、社会的に困った事になるような

書類が発行されるような事はないですし、うつ病とはわからないように、

別の病名で表記して配慮を行ってくれる場合もあります。

 

うつ病で休職や退職を行う時、精神的な疾患として言われている為、

どうしても信じられないという事を告げる職場もあるようなので、

確実に仕事に行かなくても良い状態にするためには、

病院で診断をした証拠になる書類を持って行き、

書類を提出して解決をするのが、最も良い方法です。



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA