『病気だから。自分だけではない』共感する事が大切なうつ病との接し方

コミュニケーション能力が著しく低い会社に入った時、

やっと仲良くなれた年下の女の子が、しばらくするとうつ病になっていました。

兆候として、情緒不安定だったり、会社を休みがちだったり、奇声を発したり、泣き出す…

といった『精神病』のイメージの症状は全く無く、いたって通常通りでした。

 

少し気になったのは、出勤の時間がギリギリになった事と、昼食時間に姿を見なくなった事。

とはいえ、出勤の時間にはちゃんと間に合っているし、昼食時間に姿を見ないだけで、

お弁当でも持ってきているんだろう…と思っていました。

そのため、周囲も全く気づくことがありませんでした。

 

本人に持病があるため、いつもどおり通院をしている病院に行くと、

様子がおかしいので精神科を受診するよう言われ、

『病院に行ったらうつ病だった』と告白され、私もビックリしました。

仕事も問題なくこなし、人とのコミュニケーションも全く問題はありません。

 

『兆候あった?』と聞くと、『ずっと眠くて、朝起きられなくなった。

眠すぎて、ご飯よりも睡眠を優先してたら、ご飯も食べなくなった』と、

彼女自身が感じている自分の状態を話してくれました。

 

うつ病ではありませんが、私も以前アルコール中毒で病院に通った時、

精神科の先生に、『お酒やめないと、この後依存症になって、その後はうつ病になるよ』と言われ、

睡眠薬と精神安定剤を処方してもらった経験がありました。

 

『自分が異常である事がわからない状態』や、『理由の無い焦燥感』など、

私が経験した状態を話す事で、彼女の現状に共感した接し方を努めました。

すると、アレが辛い…、自分がダメな気がする…など、気持ちを少しずつ口にするようになりました。

『こうしたら改善する』や『私だったらこうする』、『そんな考えじゃダメだよ』など、

アドバイスや意見は必要ないと思います。

話を聞き、同じ立場になれるよう共感してあげるだけで、

日々、症状が改善されていくのが少しずつ見えました。

 

『今日は薬の影響で朝から泣いてしまった』とか、『今、仕事にまったく集中できない』など、

頑張って普通を取り繕っていた状態から、自分が病気でダメだと思う事をどんどん口にする事で、

彼女の鬱憤が溜まる事なく消化されているのがわかりました。

 

そのうち、ダメな話の中に、『今日は化粧をした』とか、『急に牛丼が食べたくなった』など、

意欲的な言葉が混ざる日もあり、回復に向かっているのを感じていました。

結果、半年経過すると、薬の量が減り、眠気も治まったようです。

 

『なんの話でも聞いてくれてありがとう』と彼女から言われた時、

『自分だけではない』という事と、『病気だから仕方がない』と思えるよう共感する事が、

接し方として間違っていなかった事を実感できました。


うつ病の家族への対応マニュアル

大切な家族、友人、会社の仲間がうつ病になってしまった。
でも、自分がどう接してあげればいいのかわからない・・・


うつ病が増え続けている現代では、同じように、うつ病の人への接し方で悩む人も増えています。


20年間、多くのうつ病を抱えた患者と向き合ってきた心理カウンセラーが、
簡単に自宅で実践できる対処法で、うつ病を抱える大切な方と向き合いながら、
一緒にうつ病を改善していける秘訣を教えます。

うつ病の家族への対応マニュアル


うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA