私が経験したうつ病患者への接し方

 

主人がうつ病になったのは8年前でした。

「夜、眠れない。胸がドキドキする。」

と主人が言ったので、電話帳で精神科の病院を探しました。

私は用事があったので、主人が一人でその病院に行くと、すぐ、うつ病と診断されました。

 

私は看護師の経験があったので、看護学校でうつ病患者の接し方を学んでいました。

基本的には頑張れと言って、励まさないことです。

主人は病院でもらった薬を飲みながら、会社には行っていました。

主人が夜勤をやっているため、私は寝ている寝室が主人と別なので、

夜中に自殺していないかどうか、見に行きました。

これも看護学校で学びました。

 

主人は薬の副作用で、掃除をやたらよくしたりしていたので、私はそのまま様子を見ました。

そのあと、主人がお医者さんに行って、薬を変えてもらったそうです。

私も3歳の次男を連れて、病院に付き添いましたが、

次男が待ちくたびれて、近くの子育て支援センターで時間をつぶしていたりしました。

 

私は主人がやる気をなくす病気なので、暗くなり、家の中で重苦しい雰囲気が漂ったので、

お寺や神社に連れて行って、できるだけ外に出るようにしました。

主人も嫌がらずについてきました。

主人も1週間会社の休みを取りましたがあまり効果はありませんでした。

長男はその時、小学5年生なので、

「お父さんは心の病気なんだよ。でも、励ましてはいけない病気なんだよ。」と言って聞かせました。

 

そのあと、胃潰瘍になり、お医者さんに「下血しているので入院したほうがよい」と言われ、

私はいい機会だと思いました。

病院が私の父と一緒の病院で入院したので、

母や義父、義母も見舞いに来て、励ましていたので、励ましてはいけない病気だと言いました。

入院は主人にとって、よい薬となり、この後、劇的によくなりました。

 

会社もちょうどリーマンショックで不況となり、仕事がなくなってしまったので、

長期に休むことが出来、治ることに貢献しました。

会社もこの後、復帰することが出来ました。

 

私は主人が納得するまで、定期診察についていきました。

子供は待っている間、おもちゃなどで遊ばせました。

 

お医者さんの勧めで、医療費が無料になる、自立支援医療制度を教えてもらい、市役所に申請しました。

主人はこの後、薬の量を減らしてもらい、現在も病院に通っています。

最近は一人で病院に行っています。

主人は「もう治ったんじゃないかな」と言っていますが、お医者さんはもう来なくてよいとは言いません。



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA