産後うつってどんなの?接し方は?

出産は女性にとって

心や身体にとても大きな変化をもたらします。

 

母親になるという責任感、また慣れない育児への不安や

赤ちゃん中心の生活による体調の不調など様々な変化があります。

 

産後うつは全体の10から15%といわれています。

産後うつは産後1か月後くらいから2週間以上気分がすぐれない、

落ち込み、いらいらするなどの症状が続いた場合に判断されます。

 

産後うつの原因は慣れない育児への不安や夜中の授乳による睡眠不足、

また女性ホルモンの分泌が急速に衰えることも原因になります。

 

女性ホルモンの分泌が減ると脳内物質のセロトニンの働きが悪くなるために

鬱になるといわれています。

産後には俗にいうマタニティーブルーという状態をたいていの女性が経験しますがそれは3日程度と短い期間。

ですが、長期間に渡りマタニティーブルーが続くと産後うつと診断されます。

 

ママがこのような状態になったら周りはどのように接すればいいのでしょうか?

接し方によってママの回復を手助けできることもあります。

接し方ですが、ママが産後うつになったら体がだるく全く動けなくなってしまうことがあります。

このような状態になったとき周り特に旦那さんはママの状態を理解し

ママを責めたりしないように心掛ける必要があります。

育児にも積極的に参加してママをサポートしてあげることが大切です。

 

また気分転換ができるようにしてあげることを心がけましょう。

赤ちゃんと少し離してあげることも必要です。

症状がひどい場合は専門医などに相談することも必要になりますので、

もし改善がみられないようなときは保健師などに相談してみるといいでしょう。


うつ病の家族への対応マニュアル

大切な家族、友人、会社の仲間がうつ病になってしまった。
でも、自分がどう接してあげればいいのかわからない・・・


うつ病が増え続けている現代では、同じように、うつ病の人への接し方で悩む人も増えています。


20年間、多くのうつ病を抱えた患者と向き合ってきた心理カウンセラーが、
簡単に自宅で実践できる対処法で、うつ病を抱える大切な方と向き合いながら、
一緒にうつ病を改善していける秘訣を教えます。

うつ病の家族への対応マニュアル


うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA