夫がうつ病になったら

もしも夫がうつ病になってしまったら、

どうしたらいいのでしょうか。

 

うつ病の人への接し方はとても難しいと思われがちですが、

本当はそれほど難しい事ではありません。

 

まず、うつ病になったことを責めたり、

一緒になって落ち込んでしまってはいけません。

話をよくよく聞いてあげ、理解してあげることが大事になってきます。

たとえ理解できないことでも、うなずき共感してあげることで、

相手はとても安心できます。

 

うつ病の人は、すべての人が敵に見えてしまう時があり、

身近な存在にまで否定されてしまったら、

『自分は必要ないのではないか』と考えてしまう傾向があります。

ですので、たとえば会社で辛いことがあり精神が不安定になっている場合は、

どんなことでも味方になってあげなくてはいけません。

 

そして、一番大事なことは周りが気を遣いすぎず、

いつも通り元気で明るくふるまっていることです。

『自分が落ち込んでいても家族は変わらずにいてくれる』と思えれば、

社会復帰も早まるでしょう。

 

うつ病の完治にはとても時間がかかります。

普通の風邪なら一週間ほどで完治してしまいます。

しかしうつ病は目に見えて治ったことがわかる病気ではありません。

そして、完治したと思い会社に戻ってもまた、

同じ環境に戻れば再発してしまう可能性もあります。

 

家族はとても長い目で見なくてはなりません。

しかし働けないことを絶対に責めてはなりません、

以前のように元気に働けるようになってほしいと願いのなら、

相手のことを理解し焦らせないことが大事になってきます。


うつ病の家族への対応マニュアル

大切な家族、友人、会社の仲間がうつ病になってしまった。
でも、自分がどう接してあげればいいのかわからない・・・


うつ病が増え続けている現代では、同じように、うつ病の人への接し方で悩む人も増えています。


20年間、多くのうつ病を抱えた患者と向き合ってきた心理カウンセラーが、
簡単に自宅で実践できる対処法で、うつ病を抱える大切な方と向き合いながら、
一緒にうつ病を改善していける秘訣を教えます。

うつ病の家族への対応マニュアル


うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA