うつ病の原因

家族の誰かがうつ病になると、

「原因はもしかして、自分にもあるのではないか?」

と考えてしまう人もいるでしょう。

 

家族の中には、「妻がしっかりしていないからだ」とか、

「お前はこういう性格だから」とすぐに犯人探しをする人もいるかもしれません。

 

大切な家族がうつ病になると、喧嘩が増えたり、スキンシップが減ったりと、

人間関係が非常に難しくなってしまいます。

 

そういうところに、「あなたのせいで・・・」と言われてしまったら、

その人は、患者本人以上に辛い思いをすることになるでしょう。

 

 

じっくり話し合うことが必要

うつ病は、人間関係のストレスがきっかけで起こる場合が多いです。

 

患者本人とパートナーの間には、いくつかの溝があるはずです。

夫や妻、恋人との不仲や微妙な価値観のズレを、思い出してみてください。

 

パートナーがストレスの発生源になっていて、それに耐えられないとすれば、

いっそのこと別れてしまうことが、うつの解決になることもあります。

 

しかし、耐えられる程度のものであれば、解決のために話し合いを持つべきです。

うつ病患者のうつが治るのをフォローできるのは、一番そばにいるパートナーだけなのですから。

 

患者本人は「辛かった」ということをわかってほしいだけなのです。

 

家族としては、「取り戻せないこともあるけれど、私にも問題があったかもしれない。

だから、どうすればいいのかを一緒に考える関係に変えていこう」

という未来志向の姿勢を示す必要があります。



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA