とにかく休養が必要

うつ病になった人には、ただ、

「日常の決まりきったことから解放してあげる」ことだけを考えてあげましょう。

 

とにかく休養させることが第一の治療となります。

 

「生きていても意味がない。生きていても、この先も、またその先も同じつらいことばかり。」

と考えている人のためには、嫌で嫌でしょうがない、仕事や日常の義務と責任から逃がしてあげるのです。

 

とはいえ、「休むと気が抜けて、このままダメになってしまうのでは。」

などと考え、パートナーが休もうとしなかったら、

「今あなたは疲れているのだから、休まないといけないよ。」と伝え、

何とかして休ませる工夫をしましょう。

 

症状が重い場合は、数ヶ月単位の休暇が必要となりますので、

医者に診断書を書いてもらう必要があります。

 

ですが、そもそも精神科を受診するのを嫌がる人もいると思います。

 

特に男性に多いのが、「妻に心が弱いと思われたくない」、

「職場にうつ病だとバレたらどうしよう」、「自分は甘えているんじゃないか」、などと考えてしまい、

自分の症状を認めたがらず、なかなか病院に行ってくれないケースがあります。

 

そんなときは「私が心配で仕方ないから、受診して」というような言い方をしてみましょう。

「受診しないことのほうが家族の負担になる」、という発想になれば、

「1回ぐらい病院に行ってみようかな」、という気持ちに変わるかもしれません。

 

うつ病はきちんを休んで、しっかり治療すれば、数ヶ月で症状はかなり改善されます。

仕事を再開するのはそれからでいいでしょう。

うつ病になった人は今までずっと頑張ってきたのですから。

 

 

入院も一つの手段

うつ病は普通、外来通院で治療を行いますが、

病気という認識がない為に、行動に危険性が伴う場合や、

身体的に衰弱が目立ったり、追い詰められる気分が高まって

命に危険があるような場合は、入院が必要となります。

 

他にも、家族が看護に疲れ果てているときや、

家庭では十分なサポートが得られないとき等にも

入院は有効な手段となるでしょう。

 

とはいえ、ほとんどの場合、入院の目的は本人の休養にあります。

うつ病になるような人は真面目な人が多いですから、

仕事から隔離するために入院させるのです。

 

休職中、家でダラダラしているといっても、仕事や将来のことを心配に思い、

せっせとパソコンで情報収集などしていては、セロトニンを大量に消費してしまうことに繋がります。

治療のためには、休養中は、頭を使わない生活をすることが必要です。

 

その意味では、休職のついでに症状の程度に関わらず、入院するのが治療の早道になります。

精神面の治療ではなく、生活療法のために入院は有効なのです。

 

精神科や心療内科の病棟を敬遠する人もいますが、

普通の病気で入院するのと同じような病室で、リラックスして過ごすことができます。

保険も適用されるので、治療に手中するための一つの方法として考えてみましょう。



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA