うつ病の薬を服用中に妊娠が分かったら

うつ病の薬を服用中に妊娠したことが発覚した場合はまず、

かかりつけの医者に相談するのがベストです。

 

薬をやめることができないなどの事情があるときには

量や1回に服用する分を減らしてもらうようにしてみましょう。

 

自分にとって一番いい状態で出産することが大切です。

問題なく妊娠期間を過ごすために健康状態をチェックしてもらうのも重要になります。

 

薬を服用していると胎児へのリスクも高くなりやすいものの、

いきなり服用することをやめてしまうよりは

医者と話し合いながら量を調節していくのが正しい対応になります。

勝手な自己判断は避けるようにしましょう。

 

症状を悪化させないように様子を見ることも必要とされてきますが、

万が一の時のための対処法も検討しておくと安心できます。

 

妊娠しているのであれば、様々なことを考慮した上で慎重に計画を立ててみるのが安全です。

一般的には影響がでやすくなるのは初期が多いとされるのが大半です。

最小限にその悪影響が出る確率を減らすことは可能ですが、

妊娠や出産ではホルモンバランスも不安定になりがちなのもあって、

そういった部分への配慮も必須です。

 

何種類か薬を飲んでいるなら、その種類を減らすだけでも対策になります。

副作用も出にくくなったりと母体の健康への負担も少なくしやすいです。


うつ病の家族への対応マニュアル

大切な家族、友人、会社の仲間がうつ病になってしまった。
でも、自分がどう接してあげればいいのかわからない・・・


うつ病が増え続けている現代では、同じように、うつ病の人への接し方で悩む人も増えています。


20年間、多くのうつ病を抱えた患者と向き合ってきた心理カウンセラーが、
簡単に自宅で実践できる対処法で、うつ病を抱える大切な方と向き合いながら、
一緒にうつ病を改善していける秘訣を教えます。

うつ病の家族への対応マニュアル


うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA