うつ病の人と接する上でのこと

きっと皆様の周りにも、自分はうつ病だという方や

そう思っている方がいるのだろうなと思います。

 

私自身の周りにもうつ病だった子がいました。

その子とは、とても仲が良かったので

色々とアドバイスや話を聞いていたりしたのですが、

その子から聞いた中でこうされるとあまりいいように思えない、

というものをいくつか紹介しておこうと思います。

 

 


・強い口調・否定の言葉

「~なことがあってもう嫌だ。」

「私なんて居ない方が良いんじゃないか。」

と、言ったような言葉を吐いたとします。

その場合に、そんなことないよ。と言ったり、いつか報われるよ。というように

優しく言葉をかけるのは良いのですが

中には、「そんな事ばっかり言ったらダメ。」「弱音ばっかり吐くな。」

という風にいう人もいます。

 

うつ病でただでさえ心が弱っているときに、そんな風に言われてしまうと

きっと更に心が傷ついていきます。

アドバイスや何かを言ってあげるときには言葉選びも必要になってきます。

 

 

・頑張れ。という言葉

スポーツや会社や何においてもよく出てくる頑張れ、という言葉。

一見すると励ましの言葉なのですが実はそうでもないらしいのです。

うつ病の人や、この場合はそうでない人でも頑張れといわれるときには

もう頑張ってるよ!という人もいます。

これ以上、まだ頑張れっていうのかと自分への重みになったりすることもあるそうです。

 

他にも実は、お前なら出来る。という言葉も

案外プレッシャーになってしまうケースもあるらしいです。

(これは人によるらしいですが・・・)

お前なら出来る!と声をかけてもらうと活力になるのは事実ですが、

それだけ言ってもらっている人に対して出来なかったらどうしよう、という不安や、

出来なかったら見放されてしまう

とマイナスに捉えるようになってしまうケースもあるようです。

 

 

・私はこうしてるよというアドバイス

これは皆が皆そうというわけではないのでしょうが、

友人から私はそんな時こうしたら気が晴れるよ。

というアドバイスをもらったときに一度は実践してみるんです。

しかしそれで解決しないことなんてたくさんあります。

そんなときにまた、マイナスの思考になってしまうらしいです。

 

あの子はこれで解決したのに私はしない、

私は考えているよりも重度の病なのではないか。

と不安に陥ることもあるらしいです。

ですのでそういう時はあまり実体験でない情報を渡すのも案外、いいのかもしれません。

 

 

・最後に

これまであげてきたものは、正直全員が全員あてはまるわけではないです。

しかし、おなじような立場で悩んでいる人がいたら

すこしでも参考にしていただけたらな、と思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA