「頑張れ」は禁句?

 

うつ病患者への接し方として、

「頑張れ」という言葉は禁句

という認識が広く知られるようになってきました。

 

ただし、なぜそうなのかという理由は知らない人も多くいます。

 

健康な状態なら、ショックな出来事が起こり、落ち込んだとしても、

周囲からの叱咤激励や「君なら立ち直れる」、といった期待を込めた言葉が

立ち直りのきっかけになることもあります。

 

でも、うつ病による落ち込みは、普通とは違うものであることを理解しておく必要があります。

 

もともと、頑張り屋な性格なのに、頑張りきれなくなってダウンし、

自責感に苛まれている患者へ向かって、「頑張れ」という言葉をかけてしまうと、

当人としては、「これでもまだ頑張りが足りないのか・・・」と非難されているように感じてしまいます。

 

説得や無理解な励ましは、うつ病になった人をさらに落ち込ませるだけ。

 

うつ病になった人にとって、もう、努力は嫌なんです。もう、努力は辛いんです。

 

だから、うつ病の家族のためにできることは、

「そのくらいで負けちゃダメよ」と叱責することではなくて、

例えば、好物を黙って夕食に出してあげることの方が励ましになります。

 

また、「出された薬は飲もうね」だとか「一緒に頑張ろうね」というのは、

正しい励まし方であり、治療を助けることになります。

 

うつ病の人が求めているのは、

今までよくそんなに頑張ってきたね。それは辛かったね。」という共感の言葉。

これまで努力してきていることを認めてもらいたいのです。

 

誰だって、頭ごなしに「頑張ればできる!」と突き放したような言い方をされるよりも、

一緒になって、気持ちを共有して励ましてくれる方が嬉しいものです。

 

うつ病になると、コミュニケーションをとるのが難しくなったり、相手の言うことに敏感になったりしますが、

基本的な接し方は変えなくてもいいということです。

 

 

体験談を押し付けない

落ち込んでいる人を前にすると、元気付けようとするあまりに、

「今までちゃんとやってきたのだから大丈夫」、「私はこうやって乗り切った」

などと自分の体験を話したり、「もともと優秀なんだからやればできるよ」と励ます人がいます。

 

しかしこうした言葉は、単にその人の対処法を押し付けているだけで、

相手の気持ちに共感していることにはなりません。


うつ病の家族への対応マニュアル

大切な家族、友人、会社の仲間がうつ病になってしまった。
でも、自分がどう接してあげればいいのかわからない・・・


うつ病が増え続けている現代では、同じように、うつ病の人への接し方で悩む人も増えています。


20年間、多くのうつ病を抱えた患者と向き合ってきた心理カウンセラーが、
簡単に自宅で実践できる対処法で、うつ病を抱える大切な方と向き合いながら、
一緒にうつ病を改善していける秘訣を教えます。

うつ病の家族への対応マニュアル


うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA