「考えすぎるな」と言わない

うつ病の人は、気にしなくてもいいことを気にして、エネルギーを消費します。

気にしたからといって、どうにもならないことを考えてしまうのです。

 

でも、だからといって、

「考えすぎるな」というアドバイスはオススメできません。

 

「考えすぎるな」、とアドバイスをすることは、

結果に対して不安を抱き臆病になっている人には、

一見正しそうな反面、伝わりにくい言い方でもあります。

 

「私、どうすればいいんだろう?」

「考えすぎなんだよ」

「そんなこと言われても、考えてしまうんだよ・・・」

「・・・それは性格の問題だから仕方が無いよ」

 

これでは突き放してしまっています。

 

人は、悩んでいるとき、深く考えているつもりになっていますが、

実は的確に考えられないので、「余計なことばかり」考えているのです。

 

むしろ必要なポイントについては考え足りないのです。

 

挫折したときに色々悩むことは、本質的な問題を解決するには必要なことです。

考えすぎて一時的に辛くなることもあるでしょう。

ですから、まずは「考えるべき2つのポイント」を考えてみるのです。

 

「考えなくてはいけないポイントはどこなのかを考える」

「そのためには考えても仕方がない部分を整理する」

 

これがわかれば、「じゃあ、こうすればいいんだ」と思えるようになっていきます。

行動で現実が変われば、自然と考えすぎることもなくなっていくはずです。

 

「仕方が無いだろう」、「開き直れば良い」などと、性格を変えるようなアドバイスをしても、

不安を感じやすい性格の人が、すぐに変わるわけではありません。

 

それは、親の葬式中に、「亡くなった親にこだわっても仕方ないだろう」と言うのと同じことです。

それでは誰もが腹を立てるでしょうが、1年後であれば素直に耳を傾けられるかもしれかせん。

内容の正しさと伝えるタイミングの正しさは、別ということなのです。


うつ病の家族への対応マニュアル

大切な家族、友人、会社の仲間がうつ病になってしまった。
でも、自分がどう接してあげればいいのかわからない・・・


うつ病が増え続けている現代では、同じように、うつ病の人への接し方で悩む人も増えています。


20年間、多くのうつ病を抱えた患者と向き合ってきた心理カウンセラーが、
簡単に自宅で実践できる対処法で、うつ病を抱える大切な方と向き合いながら、
一緒にうつ病を改善していける秘訣を教えます。

うつ病の家族への対応マニュアル


うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA