「前向きになれ」

うつ病に苦しむ家族に助言するのは、

家族として当たり前のことです。

でも、その助言も、「具体的にどうすればよいか」

を示さなければ、患者本人を苦しめる事になります。

 

前向きになれ」という言葉は、してはいけないアドバイスの一つです。

 

「前向きになりなよ」だけで話を終えてしまうことは、具体的なアドバイスにはなりません。

これでは、本人に歩み寄っているようで、実は関係を突き放しているようなものです。

 

家族や友人に、「もっとポジティブに考えたら?」などといわれても、

うつ病になりやすい人は、元々まじめな人が多いですから、

「前向きに考えたいのに考えられない自分」を責めてしまい、逆に落ち込んでしまうこともありえます。

 

「前向きになれ」といって、すぐになれれば誰も苦労はしません。

家族は、「前向きになれる状況」を作ってあげることが大切になります。

 

素直に現実の人間関係や自分の行動を振り返り、変えていくことで、

人は前向きに考えられるようになります。

人は、行動が変わってはじめて、前向きにやろうという意欲が生まれてくるからです。

 

本人自身が変えていけるところは応援し、そうでないところは無理をさせないという接し方が大切で、

本人にはどうしようもないことを頑張らせてはいけません。

 

「あなたの苦しみはよくわかる、そんなに苦しいのに、今までよく我慢していたね」

と、相手の苦しみに共感するのが対応の基本になります。

うつ病の人の辛さを受け止めて、聞いてあげることが大切になります。



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA