問われるのは周囲の人間の理解力

うつ病の治療に必要なのは十分な休養です。

うつ病は心が疲れ切ってしまってエネルギー切れを起こしている状態なので、

その回復にはある程度の時間がかかるのは当然です。

まずはゆっくりと休養を取り、その中で徐々に再起へのエネルギーを蓄えてゆけな良いのです。

 

ですが、うつ病を患っている人に対して周囲の人間が必要以上に

エールを行うことはあまり良いことではありません。

むしろうつ病治療という観点から見れば逆効果であるとさえ言えます。

 

例えば本人は善意のつもりで「がんばれ」「お前ならできる」

といった類の言葉をうつ病患者に投げかけるケースがありますが、

こういった行為はうつ病患者の心に重くのしかかり、

かえって症状を悪化させてしまう恐れすらあるのです。

 

これがスポーツの場面ならば、エールを受けた選手は立ちどころに奮起してやる気が漲るでしょう。

しかしうつ病のケースの場合はその限りではないのです。

 

周囲の目にはそう映らなかったとしても、うつ病患者はすでに十分すぎるほど頑張っているのです。

その歩みは遅くとも、少しずつ回復への道を歩んでいる最中なのです。

そんな時に「がんばれ」と声をかけられても本人は当惑するだけです。

それどころか「これ以上何を頑張ればいいのだろう」と心に余計な負担を強いる結果になってしまい、

せっかくの回復への歩みを止めてしまう事にもなりかねません。

 

周囲の人間がうつ病患者にしてあげることは、

無責任な鼓舞の言葉や否定、助言などではなく、

ただ温かい態度で見守り、受け止めることです。

必要以上に根掘り葉掘り聞いたり、「お前のためだから」などというアドバイスは功を奏しません。

本人の心の苦しみをそれ以上増やさないことが肝要なのです。

 

うつ病に至るには人それぞれ様々な過程があり、その原因も百人百様です。

まずはそれを理解し、そして共感してあげることが望ましいのです。

言い換えれば周囲の理解こそがうつ病患者にとって何よりの薬となるのです。

 

心の重荷が少しずつ減ってゆくにつれ、患者の元気も次第に出てくるでしょう。

周囲の協力はそのための土台作りに等しいとも言えるでしょう。

 

うつ病はケガなどと違ってその症状の度合いを見た目から判断することができません。

だからこそ、そのケアには周囲の人間の細心の注意と理解力、そして優しさが問われるのです。

決して過保護になりすぎず、尚且つ必要な時にはすぐさま相談に乗れるくらいの距離感を心がけましょう。


うつ病の家族への対応マニュアル

大切な家族、友人、会社の仲間がうつ病になってしまった。
でも、自分がどう接してあげればいいのかわからない・・・


うつ病が増え続けている現代では、同じように、うつ病の人への接し方で悩む人も増えています。


20年間、多くのうつ病を抱えた患者と向き合ってきた心理カウンセラーが、
簡単に自宅で実践できる対処法で、うつ病を抱える大切な方と向き合いながら、
一緒にうつ病を改善していける秘訣を教えます。

うつ病の家族への対応マニュアル


うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA