切羽詰まったうつ病患者さんと接するときの対処法

「死にたい」と言われる方は少なくないと思いますが、

思い詰めて「死にたい」「消えてしまいたい」と言われる方は少ないかと思います。

今回は思い詰めた方と接した際の話です。

こういうときはどうしたらいいでしょう。

 

大体うつの症状のそこそこ重い方です。

本当に症状の重い方は、辛すぎて、「死にたい」といえるセリフすら言えませんので、

ほっといて寝かせておけばよいです。

 

言えるときはそこそこ元気な時です。

この場合は危険です。

なまじ元気があるので、本当に自殺行為に走るので注意が必要です。

命に関わります。

 

この場合は、ひたすら相手の話を聞いてあげることです。

「死にたい」と漏らす人は、本当に死にたいのではなく、

死にたいくらい精神的に追い詰められているのです。

誰か、または何かに寄りかかりたいのです。

それを失ったときは極めて危険な状態に陥ります。

 

大変であること、辛い状態であること、

困難な状況に置かれているもののその打開策が見えていないこと、

色々なケースがあります。

話を聞けば色々な苦悩が、「死にたい」と漏らすうつ病患者さんから聞けます。

 

ここで気を付けたいのは、彼らはアドバイスを求めていないことです。

彼らは自分自身である程度調べています。

それでもダメだ、無力だと感じて、絶望感を感じているからこそ、

わらをもつかむ感覚で、「死にたい」と漏らしているのです。

 

そんな状況でありますから、いくら誠実に接したとしても、

それで励ましたりアドバイスを送ったりした場合、

「なんだ、分かってくれないのか」とさらにひどい絶望にさらされます。

それはそうです。

寄りかかれる対象を失うということを意味しているのですから。

 

したがってできることは、ひたすら肯定することです。

結構ストレスのたまることですが仕方がありません。根気のいる対処法です。

頑張っていること、認めてあげましょう。

それだけでも大きなカタルシスが生まれます。

悩みの打開策案、聞いてあげましょう。

追い詰められている割には結構的確です。

 

悩んで対処法を考えても見当たらない人には「それは大変だ」と共感しましょう。

さらに悩みがあれば、それも引き出してひたすら聞きましょう。

 

とにかく相手の存在を絶対的に受け入れることです。

うつ病患者にとって、これ以上心強いものはありません。

 

相談された身にとっては正直とてもつまらないし、精神的にとてもタフな対応だと思います。

でも、患者さんにとってはあなたはとても大切な人で、

相談を受けた人にとっても、多くのケースにおいて、

この相談をしてきた方は大切な方である率が高いです。

何もしないに近い対応ですが、うつ病患者さんにとってはものすごく意味のある行為です。

頑張ってください。

 

でも、あまりにも重い話でありますので、「自分も壊れそう」と思ったら、

一緒に精神科医や臨床心理士さんのところへ行って相談を受けてください。

うつ病患者さんとて普通の人間です。

大切な人が心身を痛めたら、それはそれは悲しいことですから。


うつ病の家族への対応マニュアル

大切な家族、友人、会社の仲間がうつ病になってしまった。
でも、自分がどう接してあげればいいのかわからない・・・


うつ病が増え続けている現代では、同じように、うつ病の人への接し方で悩む人も増えています。


20年間、多くのうつ病を抱えた患者と向き合ってきた心理カウンセラーが、
簡単に自宅で実践できる対処法で、うつ病を抱える大切な方と向き合いながら、
一緒にうつ病を改善していける秘訣を教えます。

うつ病の家族への対応マニュアル


うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA