うつ病の家族、友人を持つ方へ向けてのアドバイス

うつ病を患っている方に多く共通する特徴は、

真面目であり、自分に厳しく、気に病みやすいということです。

 

うつ病の方の家族や、友人として、もっとも気を付けたいことは、

まず、うつの状態から回復し、もとのような本人になるためには、

長期戦になると周囲の人間が腹をくくるということです。

 

これまでと様子が変わってしまったうつ病の本人と接すると、

家族などの身近な周囲の人であっても、接し方に戸惑いを感じたり、

いつ、治るのだろうと不安を感じてしまうことでしょう。

 

しかし、うつ病になりやすいタイプの人と言うのは、

周囲の人間の思いや仕草にもともと敏感である場合がほとんどです。

そのため、周囲の人の焦りや、早期回復を願う気持ちは本人に伝わりやすいのです。

 

うつ病の回復には、ゆったりとした時間軸の中で暮らすことがとても大事です。

回復を願えばこそ、こういった本人の心情を理解し、

周囲の人間が、できるだけ、ゆったりと構えることが大切なのです。

 

うつ病は、本人に掛かった過度のストレスが要因である場合がほとんどですが、

ストレスが掛かってから、すぐにうつ状態になるわけではありません。

人によって違いますが、その人その人の耐性で持ちこたえられるだけ持ちこたえ、

それから症状となって現れます。

 

つまり、うつ状態になるまでに、本人は、

周囲からはわからないながらも既に大変なストレスと戦ってきています。

 

このことを理解することは大事で、うつ状態にある本人に対して、

「君がそんなに弱い人間であるわけはない」

「もう少しがんばってみよう。みんな限界と戦っているんだ」

などということは、誤りです。

 

多くの他の病気と同じで、うつ病も早期発見が大切です。

早い段階で適切な治療に入れた場合には回復も早く、予後の安定率も高いといわれています。

そのため、適切な治療を遅らせることになる、上記のような間違った周囲の励ましは、

百害あって一利なしだと肝に銘じておきます。

 

さて、次に、具体的な声掛けです。

何が契機となり、うつ病になったのかによりますが、本人が自信を喪失してしまっています。

また、うつの症状が重たい場合には、食欲も減退し、食べられることができても、

その味は、砂を噛んでいるようだと表現されることもあるほどです。

加えて疲労感が抜けずに、横になっていても内面は、

一筋の灯りさへ見えない暗闇の中で苦しんでいる場合が往々にして考えられます。

 

こういった状態が長引くと、周囲の人間も疲労感を覚えるようになってしまい、

「ずいぶん楽そうで、怠けているように見える。当人のせいで自分は生活がこれほど変わってしまったのに」

とも、思ってしまいかねません。

 

しかし、よく観察してみればわかることですが、回復までの時間は人によって異なり、

この何もしないでひたすら横になっている時間こそ、回復するために必要な過程なのです。

「食べたいものはある?」「一緒に散歩にいかない?」など、

できる限りやさしい口調での、本人への負担が少なく、

また、今の本人を受け入れていることが伝わる声掛けが望ましいといえます。

 

家族や友達として自分がつらくなったら、

家族会などに積極的に参加をして、抱え込まないように工夫します。


うつ病の家族への対応マニュアル

大切な家族、友人、会社の仲間がうつ病になってしまった。
でも、自分がどう接してあげればいいのかわからない・・・


うつ病が増え続けている現代では、同じように、うつ病の人への接し方で悩む人も増えています。


20年間、多くのうつ病を抱えた患者と向き合ってきた心理カウンセラーが、
簡単に自宅で実践できる対処法で、うつ病を抱える大切な方と向き合いながら、
一緒にうつ病を改善していける秘訣を教えます。

うつ病の家族への対応マニュアル


うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA