うつ病の人へ言ってはいけない言葉、いってあげてほしい言葉

うつ病の方を元気づけようとして親切心から言った言葉でも

うつ病の方には決して言ってはいけない言葉があります。

 

 


「頑張れ」「頑張ろう」

この言葉は禁句と言ってもいいくらいです。

うつ病になってしまった方々はたくさん頑張って頑張りすぎてしまった結果として心が疲れてしまったのです。

そんな方に向けてがんばれ、という言葉は

「これ以上何を頑張ればいいんだ」「私は何も頑張っていないんだ・・」

と自己嫌悪を感じさせてしまう可能性もあるので、絶対に使わないであげて下さい。

 

 

「皆同じだよ」「誰でも落ち込んだり悩んだりするから大丈夫だよ」

この言葉を投げかけた人は「皆も悩んだり落ち込んだりするから大丈夫だよ。皆一緒だよ」

などの優しさから言ってくれていると思うのですが、皆も悩んでる、誰でも落ち込む、

そんなことはうつ病の方も十分に分かっているはずです。

だからこそ、「皆悩みながらもちゃんと生きているのに、どうして私は・・・」

と周囲と比較し余計落ち込んでしまう可能性もあるので、なるべく言わないようにしてあげてください。

 

またこの言葉と似たものとして、うつ病の方が「つらい」など自分の気持ちを話してくれたとき、

「つらい気持ち分かるよー私なんてさ・・」など自分の失敗談や落ち込んだ話をして最後に

「でも今は元気にやってるからあなたも大丈夫!」と自分の経験からアドバイスをする方もいますが、

「私も大丈夫だったからあなたも大丈夫」というのは間違った認識だと思っていただきたいです。

それを言われてしまうと余計に比較してしまい、

「じゃあ良くならなかったら私は本当にだめなのかも・・」と焦りまでも感じさせてしまうと思います。

 

ここまでいけない言葉ばかりを羅列してきましたが、

反対にうつ病の方にぜひ投げかけていただきたい言葉などについても記していきたいと思います。

 

 

「あなたのせいじゃないからね」

個人差もあるとは思いますが、うつ病になってしまった方は

「何で自分はこんなに弱いんだろう」「周りにも迷惑をかけて・・」

と自己嫌悪を感じてしまっている方が多いように感じます。

なので、まずは「あなたは悪くないよ」ということを伝え続けてあげて下さい。

 

 

「頑張ったね」「辛かったね」

うつ病の方は頑張りすぎてしまった末に心が疲れてしまったことが多いように感じるので、

まずはその頑張りを認めてあげて下さい。そして、つらかった気持ちも感じとって共感してあげて下さい。

 

ここまでいってはいけない言葉、いってあげてほしい言葉を記してきましたが、

一番は絶対に否定しないこと、肯定、共感してあげることを念頭において接してあげて下さい。

もし、うつ病の方が自分の悩みや気持ちを話してくれたら

それはあなたを信頼している証拠なので途中で口をはさんだりせず、

最後まで話を聞いて共感してあげて下さい。


うつ病の家族への対応マニュアル

大切な家族、友人、会社の仲間がうつ病になってしまった。
でも、自分がどう接してあげればいいのかわからない・・・


うつ病が増え続けている現代では、同じように、うつ病の人への接し方で悩む人も増えています。


20年間、多くのうつ病を抱えた患者と向き合ってきた心理カウンセラーが、
簡単に自宅で実践できる対処法で、うつ病を抱える大切な方と向き合いながら、
一緒にうつ病を改善していける秘訣を教えます。

うつ病の家族への対応マニュアル


うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA