うつ病の人への接し方について

うつ病に人への学校での接し方や職場での接し方について説明します。

見た目でなかなか判断しにくい心の病気だと思います。

本人は精神的に辛い思いをしているのですが、

なるべく表に出さないように努力していて、平常心を保とうとしています。

 

うつ病の人は自分の病気の話を嫌がります。

心の病の話は本人の前でしないほうがいいと思います。

本人も自覚しているので同情するような話は絶対にしないほうがいいのです。

同情してしまうと本人も学校や職場などに行きにくくなり家に引きこもってしまう可能性があります。

 

うつ病はいろいろな種類があり双極性障害などの場合は気分がハイテンションになっている人もいます。

気分が上がっている時は本人が無謀な事をしてしまう可能性があるので注意深く観察するべきです。

うつ病と聞いたら落ち込んでばかりいる人を想像してしまいますが、

気分が上がりすぎて悩んでいる人も多いのです。

 

学校などの教育の現場ではうつ病に対して理解が進んできていますが、

職場でのうつ病の人への対策はまだ不十分だと感じています。

うつ病の人への接し方は軽度なうつ病から重度のうつ病の人まで言えることなのですが、

普段は普通に接してもいいと思います。

 

できれば残業時間はなくして、感情的な発言は、しないとこです。

うつ病になる人はまじめで几帳面な人が多いので、また頑張りすぎて病気を悪化させてしまうかもしれません。

仕事の配慮は必要だと思います。

本人がうつ病になりかけているときには、2週間くらい休ませて職場復帰させることで、

うつ病にならない可能性もあります。

 

うつ病は誰にでもなる可能性が高い心の病なのです。

自分の許容範囲を超えてしまうとうつ病になるリスクが増えてしまい、

それが本人も周りも気がつかないうちに重度のうつ病になってしまうのです。

 

うつ病の人は年々増加傾向しています。

学校では勉強を詰め込まされ、職場では過酷な労働条件でうつ病になるリスクが増しています。

実際に診療されていないうつ病患者は日本に300万人以上といわれています。

自分がもしうつ病だと感じたときには早めに医師に相談することが大切なのです。

 

うつ病は特殊な病気ではありません。

学校や職場での対応でうつ病はかなり防げると思います。

再発を防止する意味でも周りが理解しなければいけないと思います。

残念ながらうつ病の人への接し方が分かっていない人がとても多くて

言葉の選び方を間違えている人が多い現状です。


うつ病の家族への対応マニュアル

大切な家族、友人、会社の仲間がうつ病になってしまった。
でも、自分がどう接してあげればいいのかわからない・・・


うつ病が増え続けている現代では、同じように、うつ病の人への接し方で悩む人も増えています。


20年間、多くのうつ病を抱えた患者と向き合ってきた心理カウンセラーが、
簡単に自宅で実践できる対処法で、うつ病を抱える大切な方と向き合いながら、
一緒にうつ病を改善していける秘訣を教えます。

うつ病の家族への対応マニュアル


うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA