うつ病の人への接し方で、してはいけないこと。

うつ病の方への接し方で、絶対にしてはいけない事は、

うつ病の方に対して、頑張れと励ましてはいけないという事です。

なぜなら、うつ病になってしまわれる方は、

人一倍責任感が強い方が多く、自分に対して厳しく追い込んでこられたからこそ、

うつ病になられた可能性が高いからです。

 

そんなうつ病の方への接し方のポイントとしては、

まず、うつ病の方の現在の状態を、認める事が大切です。

つまり、今のあなたは、今のあなたで十分頑張っておられますよ。

と伝える事が大切です。

 

また、その伝え方にもこだわる必要があります。

うつ病になられる方は繊細な方が多く、大丈夫と伝えている人が、本当に真剣に言っているのか、

ただ、いい加減な気持ちで、言っているのかを、見ておられるので、

必ず真剣な気持ちで、誠心誠意心を込めて伝える必要があります。

 

うつ病の方と接する方は、そのうつ病の方の気持ちに寄り添う対応がとても大切です。

ただ、その気持ちに寄り添う際に気をつけないといけない事があります。

それは、うつ病の方に接している側が、うつ病の方の気持ちに寄り添い過ぎて、

自分自身も、うつ病になってしまう可能性があるのです。

 

うつ病が感染してしまうというよりは、うつ病の方に寄り添い、

うつ病の方の気持ちを理解し過ぎるあまり、

自分自身もうつ病になってしまうという事です。

 

なので、うつ病の方に接する方は、うつ病の方の気持ちに寄り添いながらも、

どこかそのうつ病の方と接している自分自身を、客観的に俯瞰してみておく必要があります。

そういったコミュニケーションのバランスが、

うつ病の方と接する時には、重要になってきます。

 

また、うつ病の方と接する時に、気をつけるポイントとしては、

うつ病の方の訴えを、一旦は受け入れるという事が大切です。

例えば、うつ病の方の訴えておられる内容を、自分自身は、全く理解出来なかったとしても、

一旦は、そのうつ病の方は、そのように考えておられるのだなと理解して、

受け入れる事が大切です。

 

つまりは、もし、自分自身も、うつ病の方と同じ境遇であったなら、

この目の前におられるうつ病の方は、私だったかもしれないと考え、受け入れる事が大切です。

そういった考えで、うつ病の方と接するからこそ、

うつ病の方は、その目の前にいる相談相手を信じる事が出来、

自分自身の素直な気持ちを伝えてくれ、

それが結果的には、うつ病の方の症状を軽減する事に繋がっていきます。

 

なので、うつ病の方に接する時は、自分自身の考えをしっかりと持つと共に、

相手に寄り添い、受け入れる器量が必要です。


うつ病の家族への対応マニュアル

大切な家族、友人、会社の仲間がうつ病になってしまった。
でも、自分がどう接してあげればいいのかわからない・・・


うつ病が増え続けている現代では、同じように、うつ病の人への接し方で悩む人も増えています。


20年間、多くのうつ病を抱えた患者と向き合ってきた心理カウンセラーが、
簡単に自宅で実践できる対処法で、うつ病を抱える大切な方と向き合いながら、
一緒にうつ病を改善していける秘訣を教えます。

うつ病の家族への対応マニュアル


うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA