うつ病になった人への接し方

見た目はまったく異常がみられず、他人から「ナマケモノ」と思われてしまう、うつ病です。

結構軽い気持ちで言ったのにとか、そういう意味で言ったわけじゃないんだけど

と他人とのコミュニケーションがなかなか難しいのが特徴です。

 

腕を切ったとか、傷跡があるってものでもないので

一緒にいるとつい「健常者」と同じ目線で話してしまう事が多いですよね。

 

「うつ病患者さん」はそこが1番きついのです。

常に「病気」という事を頭にいれておいて欲しいと思います。

「怠けている訳ではなく、身体が動かない」のです。

 

気持ちは「動かなければいけない」と思っていても動かない時もあります。

また言葉の受け違いで「うつ病」は考え込んでしまうのです。

 

「じゃあ、自分はいらないんだ」とか「邪魔なんだ」とマイナス面にしか思考がいきません。

「自分はこんなに頑張っているのに、健常者の人だともっと動いて・働いている訳?」と自分を責めます。

常に自己否定してしまいがちです。

 

「もっと頑張らねば」と思っている「うつ病」の方は沢山いらっしゃると思います。

そこに「もっと頑張れよ!しっかりしろよ」と激励の言葉を受けると

「やっぱりまだまだ駄目なんだ。これじゃ不足なんだ」と自分を追い込んでいってしまいます。

 

何気ない言葉でも「うつ病」であるという事を頭のすみっこでいいのでおいておいてください。

で話す時は「うんうん・・マイペースでいいよ」とか

「今の感じでお願いします」と少し言葉使いを変えてみてください。

自分も心に余裕を持って、相手にもそれが伝わるように接したらいいと思います。

 

自分の気持ちに余裕がもてない時は、言葉でなくともいいです

「肩」をポンと叩くとか、「背中」をそっと押してあげる、そんな行動でも嬉しいものです。

難しく考えずに接してください。

言葉が全てではないのです。

さりげない動作・行動でも十分伝わります。

 

「落ち込んでいるな」って思ったら頭をそっとなでてあげる、「何かあったの?」と聞いてあげてください。

「うつ病」の方は話を聞いてもらうだけで、心が落ち着きます。

「うんうん・・そうか・・うんうん」でいいのです。

 

これ傾聴と言いますが、「うつ病」の方はそれだけで安心感を持つことができるのです。

言葉だけが全てじゃない・・相手の話を聞いてあげる事

「でもさぁ~」とか話を途切れさせないで最後までうなづくだけでいいのです。

是非やってみてください。特別な病気ではありません。

ただ人より感受性が強いだけなのです。

「肩」を叩いて笑ってあげて見て下さい。

そこからまた親交を深める事ができるのです。


うつ病の家族への対応マニュアル

大切な家族、友人、会社の仲間がうつ病になってしまった。
でも、自分がどう接してあげればいいのかわからない・・・


うつ病が増え続けている現代では、同じように、うつ病の人への接し方で悩む人も増えています。


20年間、多くのうつ病を抱えた患者と向き合ってきた心理カウンセラーが、
簡単に自宅で実践できる対処法で、うつ病を抱える大切な方と向き合いながら、
一緒にうつ病を改善していける秘訣を教えます。

うつ病の家族への対応マニュアル


うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA