私の経験でご参考になれば・・・

私も、軽いうつ症状の経験者です。

実は現在も6週間に一度通院しており、もう10年以上になります。

 

一番初めの通院のきっかけは体の不具合でした。

不整脈がひどかったので、循環器科を受診しました。

他にも体の震え、めまい、頭痛、微熱などがありました。

しかしどこでも異常は見つからず、「メンタルな部分かもしれない」と言われ、心療内科に向かいました。

 

ここの先生はすぐに「軽いうつ症状ですね」とおっしゃいました。

俗に言ううつの症状ではなく、体の異変から始まったのです。

うつになりやすい性格でよく聞かれるのは、真面目、神経質、小さなことでもすぐ気にしてしまう・・・などですね。

 

私は何か物事が起きると、まず「自分のせい?」と思ってしまいます。

もともと、自分に自信がありません。

でも一所懸命頑張って、社会についていこうと努力しているのです。

 

周りの人が言うことも、大げさに受け取ってしまう傾向があります。

サラッと言われたことも、イヤミに聞こえてしまい、落ち込むこともしばしば。

一度友人に「そんなガラスを扱うようなお付き合いはできない」と言われたこともありました。

ショックでした。

 

確かにそうかもしれません。

でも、心の中は本当に繊細なのです。

本当に友達として相手を尊重するなら、

「この人はこういう性格なんだ」と受け入れてくれるとありがたいのですが、なかなか難しいですね。

私も彼女のキツイ言い方が受け入れられなかったということです。

相性の問題もあるのでしょう。

 

これでもだいぶ強くなりました。

自分の得意分野で、少しずつ活躍し自信をつけました。

今は学校のPTAや地域の役員の仕事もできるまでになりました。

時折、「あぁ私って本当にダメだな・・・」と凹むこともありますが、数日で立ち直っています。

 

薬に対する偏見もあるかと思いますが、

たとえ1錠でも落ち着いている状態が続いていればそれでいい、

とドクターは言います。

薬の力を借りることも必要です。

うつの病状は、年単位です。

小さな波が何度かあって立ち直り、大きな波が来て立ち直り、

良くなったり戻ったりしながら前へ進んでいきます。

 

せっかくここまで元気になったのに、また嫌なことが・・・なんていうこともよくあります。

家族や友人の方々は、気長に見守っていただけると嬉しいです。

時には寝込んでしまいイライラすることもあるかもしれませんが、本人はとても必死です。

 

「頑張って」「しっかりやってね」などの励ましの言葉よりも、

「すごいね、さすがお母さん」「がんばったね!」「~してくれてありがとう、助かった」

など自信につながる方が前向きになれます。

なんだか子育てと一緒ですね。

 

今も時折、気分がズッシリ沈み、体が震えてくることがあります。

そういう日の夜は早めに休みます。

翌朝もモヤモヤした気分が残っていますが、

「あの時はここまで出来たんだから大丈夫」と良かった経験を思い出し、

自分を奮い立たせて起き上がっています。

 

何かペットもいるといいですね。

その子がお腹を空かせていると思うと、嫌でも起きなければなりません。

私は症状が軽い方ですが、もっとお辛い方もいらっしゃることでしょう。

とにかく無理せず、信頼できるドクターやカウンセラーさんにゆっくり話を聞いてもらい、

自分のできることを少しずつ積み重ねていくと良いと思います。



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA