私の涙が止まらなくなったある夜の話

私はうつ歴9年です。

病院を変わってから、原因不明の発作が出ます。

発作と言うと心臓や動悸を思い浮かべる方もおりますが、

私の場合、発作は音に過敏になり、遠くの車の音や人の声、エアコンの動く音が耳に響きます。

そして、しばらくするとうつになります。

 

非常に辛い発作ですが、ある夜、私は一人で泣いていました。

涙が止まらないですし、自分を否定して、情けなくて情けなくて仕方がなかったです。

こんな気持ちになるのは、やはりうつだからです。

 

ティッシュを片手に持ち、良い大人がボロボロ泣きます。

どうして泣くかは自分でもよく分かりません。でもとにかく泣いてしまいます。

 

非常に辛い夜となりますが、耐えるしかありません。

両親が横に居ても、安心感がなく、ワンワン泣きます。

そうした時、頓服を飲みますが、けっこう効くまで時間がかかります。

その待っている時間が長く、辛い道のりです。

 

皆さん、超えられない夜ってあるのをご存知ですか?

うつを抱えてる人にはどうしても超えられない夜があります。

それは、自ら死にたいと思い、いっそのこと死んでしまいたいと思う感情が噴き出てきます。

大変恐ろしいことですが、私は何度も、今日は超えられないなと思ってしまった日があります。

そんな日は、入眠剤を飲んで早く眠ることが多いです。

なかなか他の患者さんの様子は知り得ないのですが、ネットなどを観ると

死んでしまいたくなる方も多いようです。

 

超えられない夜は、ひたすら泣いて、疲れ切って布団に入ります。

もし、一人ならなんと辛く、悲しいことでしょう。

いずれは一人になると思うのですが、発作を持ちながら長い夜を超える勇気が私にはありません。

 

ある日は、昼間にソワソワして、夕方自殺を未遂したこともあります。

ソワソワはけっこうヤバイです。

体が死にに行くのです。自分でコントロール不能となり、ひたすら死へ進んでいくのです。

そんな怖い体験をしましたが、うつはほんと舐めたらえらい目に遭うなって思い直しました。

 

書いていて、非常にメンタルにも良いのか悪いのか分からないのですが、

きっと同じ心境の人がいると願って、書き綴っています。

もし同じ境遇の方がいたなら、少しでも安らいでもらえたら嬉しいです。

 

超えられない夜。死の恐怖。死への強い願望。

それはただ死にたいではなく、ただ生きて行くのが辛いからなのです。

 

うつは死ぬ病気です。

うつの患者は多いですが、結局死んでしまった悲しい結末の人も現実多いのです。

それを防ぐには、誰かが発信しなければなりません。自分の経験をカミングアウトして、

多くの方に知ってもらうこと。それが必要なのです。

 

涙に濡れた夜、希望なんて一つもなかったです。

私はまだ治っていません。

これからも発作になり、また辛いうつ状態になることでしょう。

ただただ耐えるしかないのです。

 

うつの同士がいるなら、最後に一言掛けたいと思います。

「そかそか。そうだね、辛いね。もう泣かなくて良いよ」と。


うつ病の家族への対応マニュアル

大切な家族、友人、会社の仲間がうつ病になってしまった。
でも、自分がどう接してあげればいいのかわからない・・・


うつ病が増え続けている現代では、同じように、うつ病の人への接し方で悩む人も増えています。


20年間、多くのうつ病を抱えた患者と向き合ってきた心理カウンセラーが、
簡単に自宅で実践できる対処法で、うつ病を抱える大切な方と向き合いながら、
一緒にうつ病を改善していける秘訣を教えます。

うつ病の家族への対応マニュアル


うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA