うつ病の過去と現在と、これから。

今からさかのぼる事、10数年前、私は病んでしまいました。

理由は、100歩譲っても、客観的に判断しても、パワハラでした。

 

相手は、1つ上の上司でした。

と言っても、会社の中での資格は同じで、多少の年功序列が絡んでいましたので、

次年度は、私が、その地位に就く事は、ほぼ決まっていました。

 

当初、その方との間柄は、仲の良い先輩後輩で、敬意は払いながらも、友達感覚での付き合いでした。

変化が訪れたのは、その方が、部所の長に成ってからでした。

本性を表したのでした。

 

きっかけは、私が副部長の立場として、部長と異なる意見を唱えてからです。

それ以降、今までの私の知らないその方の二面性が露わになっていきました。

 

全てに於いて、絶対服従の世界、反論、意見などはもっての外でした。

毎日、毎日、1時間近くの説教。内容は承服し難いものばかりでした。

私は、組織を運営する以上は仕方のない事で、我慢するしかないと、ひたすら、従っていました。

 

ただ、自分の今まで培った、経験や知識で醸成された、仕事に対する取り組み、考え方、

大げさに言えば、思想を全て尊重すらせず、己の意見が全て正しいの一辺倒で、

聞く耳など、更々持ち合わせていませんでした。

 

私は、1年間だけ、我慢すれば、私がその地位に就任する予定でしたので、

耐えに耐えて、毎日、憂鬱な日々を送っていました。

 

しかし、一年は長すぎました。

半年程で、限界を超えてしまいました。

毎日の長時間の説教、高圧的な態度、横柄な振る舞い、連日の深夜までの仕事。

段々と、私は仕事を、誰にも相談することが不可能になり、抱え込むようになりました

そして、限界の超過により、精神を病みました。

 

その後の私は、休職、他部署への復職を繰り返しましたが、

結局、容態の改善は、捗らずに、最終的には、辞職しました。

私をどん底におとしめた、当人は、相変わらずの二枚舌を発揮し、出世しているとのことでした。

世の中、組織の不条理、如何ともし難い世界なのです。

 

当時は、まだ、パワハラという言葉すら耳にしたことも無く、只々、泣き寝入りをするしかありませんでした。

また、当時の精神状態では、裁判で戦う気力すら、ありませんでした。

 

現在は、パワハラは、世の中に認知されており、

企業も重要課題として、取り組んでいる昨今をみると、悔しくてなりません。

自分にも、多少の非があったのかもしれませんが、

意図的に追い込まれていっている状況下では、無力でした。

周りの人達も、見て見ぬふりを通していました。

 

現在も、私は、完治しておりませんが、ゆっくりと改善に向かっています。

私のこれまでの、この病との接し方で、参考になれば幸いです。

先ずは、専門の先生と真摯に向き合い、心を開くことです。

そして、気持ちの開放を進めていきます。

当然ながら、先生の指示に、素直に従い、薬の服用を続けます。

薬の効用は、かなり大きいです。絶対に必要な治療法のひとつです。

 

次に、家族や周りの親しい人に、この病気を正しく知ってもらう為の本人の努力が必要です。

経験上、なかなか、他人事なので、積極的に理解しようとはしてくれませんでした。

私が逆の立場だったら、やはり、理解する努力は、しないのが、本音だと思います。

 

見た目は、普通なので、そんなに大変なのかとの思いが起きるのは当然だと思います。

最後は、本人が治して、社会復帰しようとの思いが、重要になります。

あとは他力本願と言われるのを覚悟で話しますが、

やはり、個人の力では、如何ともし難い、この様な事が起きないよう、

あらゆる企業での、顕著な改善の取組みを期待しています。



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA