うつ病の方との接し方?うつ病、心の風邪?

うつ病の方への接し方について、お悩みの方はとても多いと思います。

私自身の周りにもうつ病の方はたくさんおります。

そして私自身うつ病を経験致しました。

 

経験して思います事は、現代ではうつ病は決して珍しい病気ではなく、

誰しもがなりうる”心の風邪”だと思います。

私自身まさか、うつ病になるとは思ってもおりませんでした。

本当些細な出来事で心に傷を負い、発症してしまうんです。

 

”これではダメだ”とか、”どうにかしなければいけない”と前向きに考えても、

心を開く事が出来なくなります。

そして前向きに考えれば考える程、深みにはまっていってしまう気がするんです。

 

そんな時に周囲の人に一番言われたくない言葉は”がんばれ”です。

周りの人からすると、”がんばれ”という言葉が一番言いやすく適しているように思えると思うのですが、

うつ病の人は心の中で、もう既にがんばっているんです。

むしろがんばって苦悩している状態です。

 

そんな中、がんばれと言われると、そんな事分かっている。だけど….と、

マイナス思考の沼に入っていってしまうんです。

がんばれは、人を励ます素晴らしい言葉ですが、

うつ病の症状を持っている人にはとても辛い言葉に響きます。

 

それでは、うつ病の方にはどう接すればイイのか?

状態にもよるとは思いますが、話を聞いて上げてください。

話たくなさそうであれば、そっとしておいて上げて下さい。

”大丈夫だから”という安心を与えてあげて下さい。

 

うつ状態の時は常にモヤモヤとし、怯えや怒りの状態を繰り返しています。

人それぞれ違うとは思いますが、安心を与える言葉をかけ、そっとして上げて下さい。

そして回復し始めてきたら、”あなたは出来るから大丈夫”と多いに励まして上げてください。

ここまで来れば、後は明るい、うつ病の夜明けが待っています。

 

支える家族、友人など、周りにいる方達も相当なストレスを感じる事も多々あると思いますが、

本人も常に戦っている状態です。

暴言を吐いたり、突然泣いたり、普段ではありえないような事が起こると思います。

そこで絶対に怒らないで下さいね。心穏やかに見守って上げて下さい。

本人の辛さ、周囲の辛さは計り知れないものですが、先に書いたように、うつ病は”心の風邪”です。

優しく見守ってあげる事が一番です。

 

最後になりますが、実は一番怖いのは、今この文章を読んでいる皆さんが、うつ病になってしまう事です。

うつ病の方と接していると、どうしてもマイナス思考になりがちになります。

心の中は常に前向きに、大きな心でうつ病の方と接してください。

うつ病は心の風邪、絶対に治ります。

うつ病の夜明けを信じて、うつ病の方と向き合ってみて下さい。



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA