うつ病になった時の彼の対応

うつ病の人への接し方って、

今は色々な情報が溢れすぎていて

難しいときもあります。

 

私は、当時付き合っていた彼氏がいました。

プライベートは充実していたけど、

仕事のストレスで精神的に不安定になり、

不眠の症状から鬱は始まりました。

 

心療内科へ受診して、お薬を処方され、

仕事はしばらくお休みすることになりました。

暗い気持ちになって、自責の念しかない日々でした。

 

彼も病気のことをたくさん調べてくれて、

言葉よりも私の病気を理解してくれようとしている姿が

何よりも心の支えになりました。

きっと、病気のことは治ってきているのかとても気になったと思います。

けれど、一緒にいるときは何も聞かずに、今まで通りに接してくれました。

 

鬱の時は、自分の気持ちをうまく伝えることが出来なくて、

こう言ったらダメなんじゃないか、

こう言ったら嫌われる、

離れていくのではないかと不安で一杯です。

けど、自分からはうまく伝えられない。

 

もし、彼氏や彼女がうつになってしまったら、

これまでよりも好きな気持ちをたくさん伝えてほしいです。

中には言わなくてもわかると思う人もいるかもしれません。

鬱の時はすべてが不安なのです。

鬱になった自分を嫌いになったらどうしようと、

夜な夜な考えてはまた眠れなくなるような悪循環です。

 

今はうつ病も克服し、これまでのようにお付き合いをしています。

当時を振り返り、きっと彼も辛かったと思います。

けれど、誰かのサポートがなければ乗り越えられなかった

私にはかけがえのない人でした。

鬱に負けないで!



うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA