理解の気持ちもほどほどが大切

私が以前親しくしていた友人の一人がうつ病でした。

その友人への接し方が原因で、自分の心が壊れた経験があります。

 

私自身もうつ病の経験があるのですが、今では薬を飲みながらも症状は落ち着いているので、

友人が辛いときに何か力になれないかと思い、よく話を聞いていました。

 

友人は感情の波が激しく、明るいときはとても明るいのですが、

ひとたび些細なキッカケからうつ状態になると、

その都度自分の気持ちを吐き出したメールを何通も送ってきました。

一通一通、よく読んで言葉を選んでから返信するように心がけていたのですが、

それが間に合わないくらい次々とメールが送られてきて、

それだけでは済まず泣きながら電話がかかってくることもありました。

 

今思い返してみると私にも相当な負担になっていたはずなんですが、

そのときの私は自分がひどいうつ状態のときにどんな言葉や態度に傷付き、

どんな言葉や態度で支えられたかがよく分かるので、

友人にもなるべく支えとなるような言葉や態度で接したいと思っていたのです。

 

それから友人は、私がいつも話をよく聞いていたので、ますます依存してくるようになりました。

最初は他にも共通の友人がいたのですが、少し厳しいことを言ったところ激しく怒って絶好されたそうです。

その内容を私も聞きましたが、決して悪口などではなく的を得たことであり、

本人にとっては耳が痛いことだったからこそカーッとなったのかもしれません。

 

そうして自分の意に反する意見を持つ人を遠ざけた結果、

私にばかりうつの辛さや愚痴を吐き出すようになったのです。

私もたまに、冷静になってほしくて少し突き放そうかと思ったこともあったのですが、

友人は自殺願望があり薬を大量に飲むこともあったので、

万が一のことがあってはいけないと思うと突き放せませんでした。

 

するとだんだん私に異変が起こってきました。

友人からのメールが届くたびに呼吸が苦しくなり、動悸がするようになったのです。

それだけではなく、友人が訴えてくる辛い状況がまるでわが身にも起こっているかのような錯覚に陥って、

私もうつ状態になることが多くなりました。

これは明らかにストレスだと思いました。

 

確かに深い理解の気持ちは大切なものです。

私自身も周囲の理解によってどれだけ支えられたか分かりません。

でもそれだけでは結局何の問題も解決しないのです。

友人も、私がとことん話を聞いて温かい言葉を送ると一旦は落ち着きます。

でもすぐに些細なことで感情が激しく揺さぶられてうつ状態になって同じことを繰り返すのです。

 

他にもうつ病を持っている友人がいますが、こんなに依存してくる人はいませんでした。

皆それぞれ愚痴を言い合うことはあっても、

自分なりの対処法を見つけつつ辛いときには支え合ってきたといった感じです。

つくづく、同じ病気を持っているからといって理解しすぎるのは危険だと思いました。

相手によっては徹底的に依存されて、だんだん自分の心が壊れていく危険があります。

 

幸い私はそれに気が付くことができて、徐々にこの友人とは距離を置くようにしました。

と、いうのも実は友人が恋人や職場の人などそのとき出会った人に

気持ちを吐き出していたことが分かったので、それなら私が離れたって大丈夫だと思ったのです。

どうやら以前から一人の人に依存して、

相手がうんざりして離れれば次の相手を見つけるといった感じのようでした。

 

あのとき、どういう接し方をしていたら良かったのかと今でも思うのですが、

話を100%聞くのではなく、50%くらいで良かったんではないかと思います。

適度に流すべきでした。

大体相手は私に正解を求めているわけではなく、今の辛い状況をただ聞いてほしいだけだったのです。

それを私が勘違いして、何とか助けになりたいと思ってしまったのが間違いでした。

医者であるわけでもない私がそこまで思う必要はなかったのです。

 

医者でもない限り、うつ病を持つ人へはほどほどに接することが大切だと思います。

聞くところは聞くけれど、素直に

「辛かったね。でも、私はそういう気持ちになったことがないから分かってあげられなくてごめんね。」

これで良いと思います。

大切な人の支えになりたいという気持ちも大切ですが、

過ぎた理解は相手の依存が強くなるだけで、お互い良くない結果になりかねません。

 

あまり重く受け止め過ぎないこと、自分が何とかしなければいけないだなんて思わないこと、

うつ病の人への接し方はこれが大事だと思います。


うつ病の家族への対応マニュアル

大切な家族、友人、会社の仲間がうつ病になってしまった。
でも、自分がどう接してあげればいいのかわからない・・・


うつ病が増え続けている現代では、同じように、うつ病の人への接し方で悩む人も増えています。


20年間、多くのうつ病を抱えた患者と向き合ってきた心理カウンセラーが、
簡単に自宅で実践できる対処法で、うつ病を抱える大切な方と向き合いながら、
一緒にうつ病を改善していける秘訣を教えます。

うつ病の家族への対応マニュアル


うつ病の人への接し方 関連記事


理解の気持ちもほどほどが大切 への1件のコメント

  1. あんのん

    こんにちは。
    拝見させていただきましたが、その友人はうつ病以外の病気の可能性が強いのではないかと思いました。
    友達のアドバイスに逆上したり(うつなら聞き入れて頑張るか、できない自分を非難する)
    相手に依存しすぎて疲弊させたり、簡単に新しい人に頼るなど。
    境界性人格障害などではないかなと。もちろんこれだけではわかりませんが。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA