気楽にお付き合いしましょう。

友達にうつ病の人がいますが、精神的な疾患があるからといって

何も特別扱いする必要は特にないと思います。

その人の個性というか性格だという感じで気楽に接しています。

 

ですが、相手が明らかにうつ状態の時には無理に話しかけたり、励ましたりすること、

頑張らないといけないと思いこんで空回りしたりしたり、

どうしていいのかわからなくなって泣きだしたりするそうです。

なので、下手にあれもこれもしなくてはいけないという状況にならないように気を付けているくらいでしょうか。

 

メールや電話も返事がないからと言ってあまりしつこく連絡を取ろうとすると

それがかえってストレスになるそうなので、その人が落ち着いたり、

空いている時間に返事をもらえたらいいよというスタンスにすると安心するそうです。

 

実際に私がメールを送ったら1週間くらい返事がありませんでした。

周囲の人に聞くとどうも精神的に落ち込んでいる時期みたいだと聞いたので

「また気分がよくなったら遊ぼうね。それまで待ってます。あんまり頑張りすぎないでね。」

という内容のメールを再び送ったら1か月くらいして返信がありました。

 

「やっと元気になりました、連絡しなくてごめんね。待っててくれるっていうのが励みになりました。ありがとう。」

という返事をもらい、後日その友達とランチへ行きました。

久しぶりに会ったのでいろいろ話せて楽しかったのですが、どうも病院へ入院していたらしく、

携帯電話の持ち込みもできない環境だったということを知りました。

精神病棟は外界からの情報を遮断するらしく、厳しい決まりがあるそうです。

 

そういうことで、お互いマイペースで連絡を取り合っているので、

うつ病とかあまり気にしないで普通に接していたらいいと思います。

あまり気を使いすぎるとお互いぎすぎすした感じになって、空気が重くなり楽しさもどこかへ行ってしまいます。

 

そんなに相手にどう接していいのかわからない時は、はっきり相手にその気持ちを伝えることも必要だと思います。

例えばメールの頻度とかです。

あまり頻繁にメールをすると返信するのも苦痛に感じる人もいるらしいので、私は友達に聞きました。

 

急ぎなら仕方ないけど、ランチくらいのお誘いならまた時間があった時に

ゆっくりおいしいものを食べに行けばいいのですから、

連絡がなかったからと言って相手を悪くいうことなく、気長に連絡待ちということにしています。

 

今では一番信用できて気楽に付き合える友達になりました。

何でもかんでも病名が付いているから特別扱いしなくてはいけないとか、

扱いが難しいとか思いこまない必要があると思います。


うつ病の家族への対応マニュアル

大切な家族、友人、会社の仲間がうつ病になってしまった。
でも、自分がどう接してあげればいいのかわからない・・・


うつ病が増え続けている現代では、同じように、うつ病の人への接し方で悩む人も増えています。


20年間、多くのうつ病を抱えた患者と向き合ってきた心理カウンセラーが、
簡単に自宅で実践できる対処法で、うつ病を抱える大切な方と向き合いながら、
一緒にうつ病を改善していける秘訣を教えます。

うつ病の家族への対応マニュアル


うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA