明るく活発的な同僚が…

以前に菓子卸問屋の営業をしていた頃の話ですが、

同期入社で私よりは一つ歳上の同僚がいました。

私も同僚も中途採用で、入社した時期が一緒で、すぐに話もあう気心も知れた感じで、

意気投合して、家族ぐるみで仲良くなりました。

 

暫くは、同じ営業所内で勤務していたのですが、本採用になった時に、

私は、本社勤務に配属され、彼はそのままそこの営業所勤務に配属されました。

管轄地域が異なり、彼とは月一回の、本社での営業会議で顔を会わすぐらいで、

後は電話やラインでやりとりしていました。

 

お互いに担当の持ち場や、新規開拓業務で多忙を極め、1年ぐらいプライベートの付き合いがなくなりました。

特に彼は、営業面での成績は抜群で、業績はグングンうなぎ登りで、

わずか2年でそこの会社のトップの営業成績を残しました。

創業以来初の快挙らしく、会長から営業車として、ベンツが与えられました。

 

彼は、鼻息荒く更に、業績を上げようと頑張りましたが、

ベンツで営業に来るスタイルが、得意先からあまりいい印象を与えず、

彼の成績は少しずつ下降線を辿りました。

 

その頃、私は地味ながら、マメに得意先に足を運んで、

じわじわと営業成績が、上昇の兆しを見せてました。

 

彼から、久しぶりに飲みの誘いがあり、週末に二人で飲みました。

その頃から彼は、去年までの自分と現在の自分が、まるで別人だと悩んでいましたが、

私は、彼には彼らしく、仕事に緩急をつければとアドバイスしました。

 

それから数日して、彼の奥さんから会社に、彼が家で倒れたと連絡がありました。

私はその日のうちに、仕事を終えて、彼の家に駆けつけたのですが、

奥さんが出てきて、誰にも会いたくない事だけを告げられました。

 

彼は、仕事に対するプレッシャーで、ノイローゼになり、医師の診断ではうつ病と言う事でした。

彼は、それからは精神病院に通院し、カウンセリングを受けながら、1年ほど月日が流れました。

 

ある日、彼の奥さんから連絡があり、私に会いたいと言われました。

その日の夕方に彼の家に出向き、彼を見た瞬間、まるで別人のように変わり果てていました。

容姿は変わらないのですが、視線を会わせず、挙動不審にモゾモゾと喋るのです。

奥さんが言うには、彼は会社に戻りたいらしいのですが、

以前のような働きが出来ないと不安がっているそうです。

 

私は会社の社長に頼んで、私と同じ営業所にしてもらい、

彼には内勤の倉庫作業から、リハビリがてら、短時間働いてもらうようにしました。

倉庫のパートさんや、他の社員の方には、彼に明るく話かけるように言いました。

 

復帰してすぐの頃は、1時間ぐらいで気分が悪いと言って帰りましたが、

徐々に生活に慣れ、他の人に対して、自分から話すぐらいまで回復しました。

 

私は、昨年に会社を退社しましたが、彼の事は気になってちょくちょく連絡は取っています。

一度、うつ病になるとなかなか立ち直れない事は、彼は言っていました。

また、以前の彼に戻って欲しいと思う今日この頃です。


うつ病の家族への対応マニュアル

大切な家族、友人、会社の仲間がうつ病になってしまった。
でも、自分がどう接してあげればいいのかわからない・・・


うつ病が増え続けている現代では、同じように、うつ病の人への接し方で悩む人も増えています。


20年間、多くのうつ病を抱えた患者と向き合ってきた心理カウンセラーが、
簡単に自宅で実践できる対処法で、うつ病を抱える大切な方と向き合いながら、
一緒にうつ病を改善していける秘訣を教えます。

うつ病の家族への対応マニュアル


うつ病の人への接し方 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA